2006年08月16日

夏休み続行中

そんなわけで、まだまだ夏休み中です。

水曜日から一泊でちょっとだけ旅行に行ってきます。

それまでの暮らしは昼間は家で次期Jack's Room用のプログラムを書いていて、夜になると彼女と飯食いに出かけるか一人で飲みに行くかのどっちか、というパターンだけで夏休みを過ごしちゃってます。

そうそう、東京湾大華火祭を会社から眺める。なんてイベントもありました。花火の写真は難しくって、携帯電話の貧弱なカメラなんかで撮影したら、昔イラク戦争のときにテレビで見た空爆の光景と見分けがつかないくらいぼんやりした光だけの画像になってしまいました。よって特に写真使いません。

まあ、そんなわけで、ふらふらゆらゆらと過ごしています。プログラムの方は正直あんまり進んでいません。本当にいつか完成するのか、正直疑わしいなーと思ったりもしますがそこはなんとか頑張ってみようと思います。

ってか、あんまり家も出てないし、書くネタがないんですよねぇ。

とりあえずまあ、まず旅行行ってきます。
それではまた、Jackでした。

2006年8月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年08月14日

いけね

書いてなかった・・・
ごめん、今週は夏休みです。

だからこっちのブログも今日は休ませてください・・・寝る直前に気づいたので書く気力が残ってないですわ・・・

んでは、寝ます・・・
posted by Jack at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年08月11日

その三十分にあなたは何をする?

こんばんは、Jackです。

はい、今は2006/8/10 PM 23:40です。
ここの記事は実は、24:10くらいに掲載されるので、あと三十分しかないんですよ。

三十分、さんじっぷん。

三十分あれば何ができるでしょう。

泣いても笑っても、あと三十分しかない、最後の三十分。

そんな三十分に、あなたなら何をしますか?

例えば人生最後の三十分・・・はちょっと想像がつきませんねぇ、多分、なんか呆然としてる間に三十分終わりそうです。


出勤前の支度もすっかり済んだ、落ち着いた三十分。

この三十分に私はコーヒー飲んで、ザウルスのメールチェックをします。といっても、この時間をとるのは既に家を出て、会社のすぐ近くまで来てから近所のセガフレードザネッティで取るんですけれども。


寝る前の三十分。

うーん、別に寝る前に三十分とか意識したことないなぁ、寝る前にちょっとこれを・・・と思うと特に三十分とか考えないで、だらだらやっちゃうもんなぁ・・・だから寝不足になるんだけども。


終業三十分前。

んー、定時とか意識する仕事したことない(遅いときも早いときも)ので、この感覚はあんまりないかなぁ。まあ、自分でなんとなく、あと三十分で帰ろう。ってことがあるくらいですかね。


終業三十分前(後に飲み会が控えている場合)。

三十分前くらいから仕事を終え始めます。二十分前になる頃には仕事が完全に中断され、十五分前から十分前くらいでPCの電源が落ちます。

周りを見ると、まだまだ熱心に仕事していて気まずくなることがけっこうあります。


朝起きる三十分前

あと五分、とかはよくある話ですが、あと三十分あればけっこう熟睡できます。三十分早く目が覚めた時とか、あと三十分も寝られると思うと、それはそれでちょっと幸せな瞬間かもしれません。

ただ、私はたまに、目覚まし三十分前に目が覚めて、もう起きるつもりで目覚ましを止めて、そこから二度寝してしまうことがあります。起きたら、会社に到着する三十分前だったことがあります。


ブログを掲載する三十分前

このように、三十分もあれば苦し紛れに色んな三十分を列挙してブログ記事をでっちあげることができました。

・・・ほんとに、書き出し時点で何書こうか考えてなかった。

でも、「○○の三十分」とか、パターンを作っちゃうとなんとなく書けるし、書いててちょっと面白い。これ、「○○の五分」とかもやってみたいね。三十分だとけっこう余裕のある時間だけど、五分って余裕はない。わずかな時間をどうするか?って話になります。もっとも、それは五分では書けそうにないですが。

今ちょうど24時、まだもうちょっと時間があります。

・・・って、なんかそれじゃテレビかラジオみたいな話だな。別に時間ぎりぎりまでブログ書き続ける必要ないじゃん。

知音食堂突撃オフに参加希望者が名乗り出てくれて嬉しい限りです。二人とも近日中に連絡取りますが、まだまだ、他に参加したい人いたら声かけてくださいね。おいしいものを安く、かつ腹いっぱいいっぱい食べられることは間違いないですから。

ではそんなわけで、見事にいい加減に三十分で書き殴ってしまいました。こんな記事書くから読んでもらえなくなるんだよなあと思いつつ・・・Jackでした。

2006年8月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年08月09日

オフ会計画あれこれ

こんばんは、Jackです。

先日の記事でも書いた池袋の知音食堂。最近すっかり気に入ってます。週に一回くらいは通ってる勢いです。

が、一人で行くとあんまり色々食えないんですよねぇ、一品の量が多めだし、辛いのとか多いし。

だもんでなかなか色々試せず。それでも出来る限り挑戦しようとすると苦しい腹を抱えて店を出るはめになります。彼女を連れて行くこともありますが、小食な人なのでこの際戦力にならないんですよね。デートにはちょっと濃すぎる店だし。

いっそのこと、誰か一緒に行きませんか?

というか、知音食堂オフやりませんか?

池袋には知音食堂以外にも中国人でいっぱいな中華のお店が沢山あるようです、うまく行けばシリーズ化して色々な店を攻めに行くのも楽しいかも知れません。

いずれにせよ、このタイプの店は複数人で行くに限ります。面白そうなものを気軽に頼んでみて食える人数がいないと、注文が真剣勝負になってしまって冒険できないんです。

それがある程度人数がいれば、少々のハズレくらいワイワイ言いながら片付けられますし。大量の一品も少量ずつみんなで食べられるので飽きません。正直、一人でいくら食っても減らない皿を前にするのは結構きつい挑戦です。

というわけで、一緒に知音食堂とか「池袋のディープな店で飯食いに行こうぜオフ」を提案します。開催を熱望します。

あ、こういう店が苦手な人もいるだろうから、Jack's Roomの十周年オフ会は別途もうちょっと普通な店でやろうと思います。安心してください。

って、読んでる人もほとんどいないようなブログで言ってもダメかなぁ。それどころか十周年オフ会って人集まるのかなあ。そっちも誰も来ないとか、そんな目にあいそうな気がして最近不安でなりません。

っても、もうそろそろ考えなきゃですね。例年十二月(Jack's Roomの創立記念日は十二月の二十六日)はみんな都合がつかないので、今回は十月から十一月くらいにやってしまおうと考えています。

だもんで、もうそろそろ計画は始めないといけませんね。

ちなみに池袋ディープ飯オフ会はJack's Roomの方々でなくてもかまいません。というかJack's Roomと基本的に関係ないおれ個人の願望成就イベントなので、一緒にディープな飯が食いたい人は遠慮なく参加を名乗り出てください。そんなに大人数でもないと思うのでこっちは適当に予定調整します。というわけで、挑戦したい皆様の参加をお待ちしてます!

というわけで、今回はオフ会計画の話でした。
十周年記念は近いうちに計画します。今年はちょっとJack's Roomに活気がないので参加者の集まり具合も難しそうですが、十周年の節目なので、無事に開催できるといいなぁと思ってます。数人でもいいから、この十年を振り返ってみたいなぁと。

2006年8月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年08月07日

なんにもしない週末

こんばんは、Jackです。

今は2006/08/06の23時、あと一時間ほどでこの記事が掲載される時間です。

今書き出しのところです。

書いてませんでした。

何書いていいかいきなり思い付きません。

困りました。

思えばこの週末は何もしてませんでした。土日とも一日中PCの前でぼーっとしてただけで、ブログ書く時間もネタを探す時間もいくらでもあったのになんにもしませんでした。

日曜の夕方になって、何もしないのも気が引けてきたのでプログラムを書き始めました。次期Jack's Room用のコードです。実は私の中では何回も考え直し作り直しを繰り返しているので、未だ始まったばっかり程度の進捗率です。

どうせ大して進まないんならブログ書いてればよかったのかな。

こういうとき「書かなきゃ」とつい思ってしまうのですが、元々自分が勝手に書いてるだけなので、本来なら書かなきゃいけないなんて思う必要はまったくない、無駄に自分を追い詰めると疲れてしまって、かえって続かなくなってしまう。それはよくあるパターンなので解ってるんですけど、解っていても「書かなきゃ」と思って慌てて書いてしまう。我ながらめんどくさい性格です。

でも、やっぱり、毎週月水金の三回更新と言っている以上は、ちゃんとその日には記事を載せておきたいんですよね。毎日更新とか無理なこと言ってるわけじゃないし、しかも毎日その場で書いてるわけでもない書き貯め記事なんだし、リアルタイムな時事ネタは拾えないけど、その分いつ見ても予定通りに記事が出るブログでありたい、そう思っています。

だってみんな、せっかく見に来てくれるんだもんね。

で、この記事を最後まで読んでくださった方に質問です。

月水金更新の「Jack's Roomからの手紙」ですが、月水金更新ってことを意識して月水金の日に読みに来る人ってどのくらいいますか?いたら教えてください。

たぶん、ありす嬢とかmixi経由の方々は特にそういうことは気にせず更新されたら読む、だと思いますが。

それでは今日はこのくらいで。

2006年8月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年08月04日

辛い思いを乗り越えて

こんばんは、Jackです。

最近、なんだか辛い物がやたらと食べたいんです。

最初は久しぶりに陳健一麻婆豆腐店の麻婆豆腐が食べたいと思ってたんですが、木場とか立川に店があるってのでなかなか行きづらく、代わりの辛い物を探しているうちになんか辛い物を追い求めてます。

今日もこれから池袋の気になる店に挑戦予定です。すごく辛いみたいだけど大丈夫だろうか、食べたい割にそんなに辛い物に強いわけでもないんでちょっとどきどきです。

最近食べた辛い物で一番おいしかったのは志木の居酒屋「昔ばなし」のもつ鍋でしょうか、赤いもつ鍋とかいう辛味噌味のもつ鍋があって、これがとってもおいしかったです。

志木のお店を探してここに来る人がいるようなので場所を、「昔ばなし」は志木の東口、ロータリーを挟んで丸井の向かい側の、メガネ屋の入ったビルのあたりにあります。つまり空中歩道を駅から一番遠くまで行けばいいんです。

他に、もっともインパクトがあった辛い物では、池袋北口の知る人ぞ知る名店「知音食堂」の「水煮肉片」とかありました。とんでもない量のトウガラシが入ったどんぶりいっぱいの肉、びっくりしますが見た目ほどには辛くないです。量が多いから人数が多くないと大変だけどね。青島ビールが安いから、こいつでがぶがぶと流し込みましょう。

知音食堂は池袋の北口を出たら線路に背を向けて、視界右側に入った吉野家の隅の路地を入ってすぐのところにあります。

ただし、日本のお店だと思って行かないほうがいいです。中国人ばっかりだし店員も中国人だし、あんまりきれいなお店とも言えません。メニューは日本語が書いてあるし、店員に日本語はある程度通じるので心配は要りません。

ただ、行きたい方はこの記事以外にもう少し「知音食堂」って言葉でネット上を検索してみてください。それから考えた方がいいと思う、特にメニューの写真を載せてるサイトがあるからぜひ見ておくといいと思う。

ちなみにそんな知音食堂のすぐ向かい側にある「次郎長」ではフグが格安で食べられます。いつもの予算でリッチな気分に、なら次郎長、いつもの予算で激辛大量海外旅行って気分なら知音食堂がいいでしょう。

さて、そんな感じで東上線辛い物案内を書いたところで電車は池袋に、さあ、これからごはんです。今日はおいしいものに出会えるかな?

それについてはまあ、またの機会に書きましょう。
みんなはなにか、お気に入りの辛い物とか、ありますか?

2006年8月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年08月02日

真夜中のひとりごと

こんばんは、Jackです。
今真夜中です、眠いです。

なんでも、mixiのユーザ数が500万超えたなんて話を、スラッシュドットで見かけました。

(スラッシュドットはここのみんなにはあまり合わないサイトだと思うのでリンク張らない、気になる人は検索してみて)

そういえばこの日記も一応mixiに公開されてます。というより、最近はmixi経由で見に来る人の方が多分多くなってます。記事がつまらんので知らない人はわざわざこんな記事を読もうとは思わないせいでしょう。

それから、mixi経由で読んでる人はたぶん、ほかの人の日記でさんざん見てると思うけど、ちょっと前のITmediaが「mixi疲れ」なる言葉を生み出してちょこっと話題を呼びました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/21/news061.html

これがその記事なんだけど、まあ、ふつうに読んでみての感想はたぶん「そこまでやるなよ」だと思う。

でも、ちょっとだけ気持ちもわかる。

私みたいにあんまり長期間放置していると、マイミク外されたりしますしね。それって、友達関係を大切にしている人ほど気にかかることでしょう。たぶん、外すほうは「まあもう連絡の用もないだろうし、あまり覚えてないし、いっかー」って外してるところを、外されたほうは「うわ、なんかまずいことあったかなー」って考えてみちゃったりして。大変でしょうねぇ、それだと。

この件に関していろいろコメントしようかなーと思ったんだけど、一時間書いては消して繰り返しても思いつかなかったのでやめました。私には想像のつかない苦悩について私が語れることもないのでしょう。

でも、私がJack's Roomについて、掲示板の返答とか、作品への感想とかきっちり返さないといけない、なんて考えていたら、私もとっくに燃え尽きてJack's Roomなんてやめてるだろうなーとは思った。

やっぱり、チャットなんかしてても「Jack自身がもっと感想つけたらいいんじゃない?」ってお言葉はよく頂くのですが、相変わらずつけてませんね・・・作品自体読んでないわけではないです。全部は読んでないけど読みたいものはちゃんと読んでます。以前にも書いたけど、読む人は他にもいるけど、掲載できる人は私だけなので、私にしかできない掲載こそが私のやるべきことだと、そう考えているので、掲載はやらなきゃ、と思いますが投稿作品を読まなきゃ、とか感想書かなきゃ、とはまったく考えていません。そこまでは無理です。

掲示板もけっこう放置するし、感想は滅多につけないし、ブログのコメントすら放置することもある。いい加減なやり方のように見えますが、実際流行ってないのはそのせいもあるんだと思いますが、私はそのスタイルで私の活動を10年続けてきました。

これだけ続くと、自分ではいい加減なだけだと思っていた自分のスタイルも、なんとなく意味のあるもののように見えてきてしまうから不思議です。いや、見えないか?私としては見える。

っていうことで、今後もだらだらと無気力に無関心に続けていきます。
けど、みんなが関心を持ってくれそうなサイトを作るってことだけはいつも関心持ってますよ。実は早朝4時ですが、今日も次期システムの開発作業でこんな時間になってしまったくらいです。

さて、じゃあそろそろ寝ます。

2006年7月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月31日

なんとなく作る適当料理

こんにちは、Jackです。
今日は月曜の記事ってことにして、ちょっと早めのこの時間に記事出してしまいます。

日曜日のお昼、とりあえずのんびり起き出してみる。

家族は誰もいないみたい、ついでに食べるものが何もないみたい。
用意されていた飯は朝方飲んだくれて帰ってきて食べちゃったのでした。

なんとなく冷蔵庫を見てみる・・・あまりめぼしい食べ物もなく・・・

仕方ない、つくりますか

とりあえず、ベーコンを発見したので没収。薄切りが数枚程度、この程度なら思いがけずなくなっていても母親も困らないだろう。もらっちゃいましょう。

野菜室を見ます、茄子ときゅうりが沢山入ってるので、各一本ずつ没収。ついでににんにくもちょろっと頂いてみます。

冷蔵庫から奪った材料を適当に切ります。この時点で何ができるのか、自分でもよくわかっていません。適当に輪切られた茄子ときゅうり、細切れにされたベーコン、みじん切られたにんにく。さてこれでどうしよう?

とりあえずひとしきり考えて、鍋でお湯を沸かし始める。同時にフライパンに油を引いて、にんにくを炒め始める。

この、にんにくを炒めてる時の香りって大好きです。なんか、食欲をそそりますよね。

つづいてベーコンと茄子ときゅうりを投入。きゅうりに火を通すのってあまり見かけないですけど、意外にこれがおいしいんです。それに、色的にズッキーニに似てるので、にんにくと茄子とズッキーニとかだとイタリアンっぽい感じでいいなぁ。ってのもきゅうりを選んだ理由だったりします。

炒めるからには、何がしか味をつけなくてはいけない。まあここは適当に塩と胡椒で・・・しかし、塩が袋でしかないので、手際の悪い私が炒め物しながら味付けするには使い勝手が悪い。そこで、戸棚にあった「味塩コショウ」で済ませることにしました。

味塩コショウ、野外でのバーベキューなんかに大活躍しますよね。なんせ適当に振るだけでなんとなく味がつきます。けっこう万能です。もっとも、それなりにおいしくなるだけなので、すごくおいしくしたければ他の手を考えなきゃいけませんが。

隣の鍋の湯が沸騰したので、こっちは袋から塩を大量投入して、以前に買ってあったパスタを投入。まあ、人に食べさせるわけではないので茹で加減にはあまり気を使わない。食える硬さになればいいです。

その間に茄子に火が通ってしんなりふにゃふにゃに、きゅうりはちょっと透き通った感じで綺麗な色になってきます。なんとなく、おいしいパスタは油がいっぱいなイメージがあるので無駄に油が多いです。味塩コショウも野外バーベキューのごとく大量投入してます。

パスタが茹で上がったら、パスタをフライパンに投げ込んで適当にからめて完成。盛り付けなんてまったく考えてなかったし、平らな更に盛るにはちょっと多かったので、どんぶりに入れてしまいました。

ごちゃごちゃ夏野菜パスタ


さあ、後は食うばかり。

油も多いし塩コショウも強気に振られてるので、たいぶワイルドな味ですがまあ、食えます。というか、キュウリは炒めてもけっこうおいしいです。茄子よりはシャキッとしてますが、でもちょっとホクホクしてる感じ。彩りとしても黄金色にとっても綺麗なので、なかなか素敵です。

でも、ちょっと一人分には量が多かった。

やっぱり、一人分作るのなんて難しいよなぁ。でも、まあ思い付きでなんとなく作った割にはおいしかったし、いいかぁ。

みんなはこういう、臨機応変あり合わせ料理で、やってみたらおいしかった。っていうものありますか?あったら教えてください。俺的に強く引かれるものがあれば、ブログ上で実際に作って記事化してもいいです。

ってなことで、暇な休日にはこんなのも、どうですか?

2006年7月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月28日

ネットが教えてくれないこと

こんばんは、Jackです。

ずっと以前に書いた記事にまだ検索してたどり着く方がいるようです。

http://jacksroom.seesaa.net/article/11625944.html

口座確認印のもらい方の話ですね。

口座確認印は口座のある支店まで行かなくても、口座のある銀行のお近くの支店へ行けば押してもらえます(みずほはそうでした)。ってのが、検索してたどり着いた方への答えです。

これ、ネットを散々探しても、口座確認印をもらってこいとかそういう記述はあるんですが、どうやってもらえばいいのか書いてない、ってことで、悩むんです。

もちろん、銀行行って聞けばいいじゃん、ってのはそうなのですが、これだけ情報に溢れているネットの世界で、こんな小さなハンコ一つのもらい方が調べられないなんて、不便な話だと思いますが、私が探した当時さっぱり見つかりませんでした。

だから他の人のために記事を書いたのですが、検索してくる人がそれなりにいることを考えれば、役に立っているようですね。

みんなは、ネットで調べて見つからなかったこと、どのくらいありますか?

私は他にもうひとつ覚えています。


泉アツノって今どうしてるんだ?


泉アツノ、「こんなんでましたけど♪」で有名になった占い師のおばちゃんですね。昔は良くテレビに出てましたが、私が小さいころなので、二十代前半くらいから下の若者達は知らないかもしれません。

占いの真っ最中は低い声でうなるんです。それが終わった瞬間に突然高い声で「こんなんでましたけど♪」ってにっこり。この瞬間に笑いが取れるのがテレビ出演の理由でしょうか、「こんなんでましたけど♪」ってセリフ、流行ったよねぇ。

それが、調べてもさっぱり解らないんです、その後どうなったか、Wikipediaにも載ってないのはさすがに驚きました。

どなたかご存じありませんか?

というわけで、その後の泉アツノについて情報をお持ちの方、ネットで調べても見つからなくて困ったこと、または今も困っていることなどお持ちの方、ぜひコメントください。

2006年7月
晴海トリトンのセガフレードにて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月26日

広告の話

こんばんは、Jackです。

みなさんもなんとなくは解っていると思いますが、このブログの左側に広告スペースがありますよね。

これ、クリック当りいくらのアフィリエイト広告で、クリックされると私の報酬が加算されます。

だけど、支払いを受けるには手数料がかかったり、1クリックあたりの単価は微々たるもので、さらには一定期間以内に一定以上の金額を達成しないと支払いできないので、実際に私がお金を手にする日はこのままなら確実に来ません。

だから、「Jackの奴は金もうけを企んでるのか!」とか気に食わない方は安心してください。儲かったりしてませんから。

それは解ってるんだけど、一円とか十円くらいでも、ちょっとずつ数字が増えて行くのって楽しいので、最初はちょっと楽しみにしてました。

でも、それ以外に広告に期待していた部分があるんです。

この手の広告はブログの内容を解析して、ブログの内容に関係ありそうな広告を出してくれる話になっていて、そうであれば、ブログで展開中の話題に別方向からアクセントを加えられるツールとして面白いのかなとかんがえていました。

実際、広告を話のネタにしてみたこともありますね。前回のメールマガジンの話と同様、普段私が興味を持たないところからネタを得られると、ネタ切れ気味の時には助かります。

が、どうもダメです。私のブログにまとまりがないのも悪いんだと思うんですが、本文と関係ありそうな内容が出て来たことがあんまりありません。これじゃあ、ちょっと期待外れかなあ。

もしかしてGoogleのAdSenseにしたら、もうちょっと本文に近い広告が出せるでしょうか。そうかんがえると乗り換えてみたいけれど、審査厳しいらしいし、面倒だしなぁ。

ちなみにJack's Room本家にもエキサイトブログのアフィリエイトバナーが貼ってありましたが。これは数字が増えるのが楽しかったのと、感想トラックバックをもっと使って欲しかったからですね。残念ながらどっちの目的も達成できなかった感がありますが。

それでも、Jack's Roomの次期システムでは最初から広告スペース確保します。だって、mixiだって、どっかのブログだって広告でいっぱいじゃん。みんな広告見慣れてますから、貼ってみたらどうなるかなぁと。まあ、しつこくない程度にやってみる予定です。

って、そもそも次期システムなんていつできてくるのかそれすら不明ですけどね。

そして、実は一週間くらい前にこの記事を書き始めてから、掲載する今までにSeesaaブログの広告にちょっと変化がありました。

先頭記事の末尾にも広告が出るようになった。これ、記事と密接に関連するものが出せれば、クリック率良さそうなのになぁ。やっぱりこっちもあんまり関係無さそうなものばっかり出てくる。
きちんと読者の興味を引けない広告って邪魔者扱いされるし、そういうのばっかりだと読者が最初っから広告なんて無視してかかるようになる(これが、ブログの話題と密接に関連があったら無視はしないだろう)ので、逆効果だと思うのだけどなぁ。


2006年7月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 00:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月24日

旅に出たいのでしょうか

こんばんは、Jackです。

先日、メールマガジンを購読する話をしてましたが、最近ぼちぼちメールマガジンが届くようになりました。なんとなく色々読んでます。普段の自分があまり興味を向けることが無さそうな、英会話とか、料理とか、映画の話題なんかも、移動時間くらいはこういう、普段の自分が向かわない世界を見てみるのもいいかなって思ってます。

それに、普段自分が接している情報と被らないので、このブログのネタ候補としてもちょうどいいです。

そうしたら、早速ネタになりそうな話が、、、


"あなたは15万円のボーナスがあったら、何に使いますか?"


これ、実はメールマガジン中の広告の言葉なんですね。同じ配信サービスを使っているメールマガジンだと同じ広告が出ることもよくあるわけですが、ここ数日のメールマガジンに沢山載っていました。

それ自体はなんてことのない、保険の話です。何年かに一度ボーナスとしてお金がもらえますよって保険の話ですね。

面白いのは、この言葉に続く、答えも一緒に書かれていて、その答えが何通りもあるんです。いくつか紹介してみましょう。


「国内の温泉旅行にいって、のんびり日ごろの疲れを癒す。」
(27歳女性 専業主婦)

「夫婦で小旅行をしたいです。あまり一緒にどこかへ行ったりしないので。」
(29歳女性 専業主婦)


とまあ、こんな感じなのですが、やたらと旅行に行きたいんですよ、みんな。この保険は女性向けの商品なのですが、女性はこうも旅に出たいものなのでしょうか?それとも、今たまたま旅行が流行っているのか、実は全く関係なくこの広告を作った人間のイメージでしかないのか?

なんて、つい考えてしまいます。

ちなみに私は旅行はほとんどしません。特にどこかに行きたいと思うことがあまりないです。休みがあればのんびりと飲んだくれて過ごします。

こんな私は私で、間違いなくおかしな人間なので、普通の人々が普段どのくらい旅行に行きたいのかわからず、そのあたりがよけいに疑問を膨らませているような気もします。

少なくとも、私よりは旅行したいって人の方が多いだろうなぁ。

まあ、私も別に行くのが嫌なわけじゃないから、誰かの誘いとかならついて行きますけどね。そんな受け身だから、一年に一度くらい出掛けたらいいほうです。ちなみに海外は高校の修学旅行以来行ってません。

みんなは、旅行って行きたいですか?そんで、実際にどのくらい行ってますか?

お気に入りで、何度も行っている場所とか、ありますか?

2006年7月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月21日

なんでそんな目をするのか

こんばんは、Jackです。

今有楽町線の車内なのですが、図上の中吊りに「みんなイヤなんだよ、駅や車内の暴力行為」というポスターがあります。

真ん中に書かれたその文句の周りを、実に総勢十五名、老若男女取り揃えた嫌悪の表情がぐるりと囲んでいます。

なんて気分の悪いポスターなのかと思ってしまいます。

言ってることはごもっともですが、なんでみんなでそんなきつい目で睨みつけるのか、そんなことしたら暴力行為は減るのでしょうか?

ケンカって言ったら「何メンチきっとんのじゃボケェ」とか言って始まるもんではないんでしょうか、少なくとも、心からの笑顔を互いに振り撒きながらするもんではないはずです。

「みんなイヤなんだよ」ってのも、この表情に添えられると、かなり強く吐き捨てているように聞こえます。

暴力行為がよろしくないのは当然わかる。

だけど、不必要にきついのも私はイヤだ。

いざ車内での暴力行為に及ばんとする人達がこんなポスターに睨まれてやめるわけじゃないでしょう。だけど、別に暴力行為なんて考えていない私はこのポスターに睨まれて不愉快というか、悲しくなります。

ただでさえ電車の中って、朝のラッシュなんか特に、不機嫌そうな人達でいっぱいです。「すいません降りま〜す」なんてちっともすいませんと思っていない「オラオラどけよオマエラ」的に叫ぶ人達も沢山います、楽しそうなのはゲラゲラうるさい学生だけだったりすることも、ある。もうほとんど、人を見てるだけで滅入るんですよ。

そんな環境に不愉快なものを増やして暴力行為が減るもんだろうか、笑顔を並べてはいけないんだろうか?

温和だが凜としてそして真摯な表情に迎えられたら、あなたはどう感じるだろう?睨むなんて攻撃的な態度より、私はその方が気分がよい。乗客がみんな気分よくいられたら、、、それ、それこそ、暴力行為を減らすためにも大切なことなんじゃないかな。

というわけで、私はああいうポスターがちょっと苦手なのですが、みんなはどう思います?

2006年7月
有楽町線車内にて

// Jack

posted by Jack at 00:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月19日

種明し、それとも、言い訳?

こんばんは、Jackです。

いやあ、前回の番外編「週末御近所ふしぎ体験」、楽しんでもらえましたか?突如意味不明な創作が始まって呆れた方も多いかも知れませんが、もしかしたらまたやるかも知れません。

↓問題の記事はこちら
http://jacksroom.seesaa.net/article/20891008.html

いやあ、ネタに困っていた時に、ちょうどよくあんな愉快な写真が撮れたものですから、どうやってあれらを繋げたネタにしようかと思ったら、ふと魔が差してあんな意味不明なストーリーが生まれたのです。

あの迷彩戦艦は普通にダイソーで売ってました。もしかしたら本当にあんな色の軍艦が実在する可能性も否定できませんが、普通に見ておかしい。あれじゃかえって目立ち過ぎます。

カラオケ屋のウサギですが、あれは本当に見て力が抜けました。本当にあの絵を見て入店を断念しました、彼女はほんとうに「もっと普通な店が、、、」と言ったのです。

暑くて死にそうになって歩いてる時にあれ見たら、萎えるよ、本気で。

そして最後の「アラタメロ」は本当は「あらためぐち」ですね。本当は大きなドアではなく、小さなもので、なんらかの整備用の点検口のことでしょう。普通に考えればすぐ解ることですが、勢いで押し切りました。

そして撮影場所ですが、複数目撃証言もあったようですが、これは志木の駅の周りです。

それから、写真使った記事って久しぶりだよね、これは実は、私が自作した投稿予約システムでは、写真の貼り付けまで対応できてないせいです。故に、写真入りの記事を書く時には直接seesaaから書き込みしないといけません。

まあ、せっかくだから写真入れた奴も、またぼちぼちやっていきたいですね。

では、Jackでした。

2006年7月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 10:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月14日

メールマガジンの墓場

こんばんは、Jackです。

最近、電車の中の暇つぶしになればと思って、ザウルスでメールマガジンをいくつか購読してみようかなと企んでいます。

このザウルス、通信費は毎月定額で済んでいるのでいいのですが、なにせ通勤は地下鉄です。メールなんて読もうと思った時には受信できないわけで、それでは困るので一日数回勝手に起動してメールを取りに行くように設定しておきました。

そこまで設定が終わったところで、さあそれでは購読するメールマガジンを探そうかと、以前に入会していたメルマ( http://melma.com/ )へお昼休みにアクセスしてみたんです。

メルマ、有名どころなのでメールマガジンも沢山扱っています。それらを選びながら、毎日届くと読むのが追いつかなくなりそうだから、週に一度くらいのやつをいくつか購読してみようかななんてことを考えていたら、ひとつ困ったことに気が付きました。

料理のレシピのメルマガを探していて、面白そうだから購読しようかなとメールアドレスを入力したところで、画面内の小さな表示項目に気が付きました。

最終発行日です。

もちろん読んで字のごとく、そのメールマガジンが最後に発行された日です。


去年でした。


これでは、購読したって届くことはなさそうなので、購読はやめて他のメールマガジンを物色します。

物色するとなんと、そんなのばっかりなんです。

今でも現役で発行し続けているメールマガジンももちろんあるし、きっとこれから新規に始まるメールマガジンもあるのでしょう。だけど、メルマもサービスを開始してもうだいぶ経つのだと思いますが、その間に立ち上げられて、放置されたメールマガジンはかなりの量に登るようです。

メルマの画面では思うように検索ができず、最終発行日がはるか昔のメールマガジンを私の選考対象から除外できません。一つ一つ、タイトルの面白そうなメールマガジンを見つけては、クリックして詳細をみて、はるか遠い最終発行日に気づいてがっくりする、なんとも不毛な繰り返しです。

数カ月発行がない時点で削除されちゃっていいと思うんだけどなぁ。今のままでは、数カ月以上発行されていない「死にマガジン」に埋もれて、今でも発行しているメールマガジンがうまく探せません。

そういうわけで、購読対象のメールマガジンを選ぶだけで、もう昼休みを三日も使っています。これはこれで暇つぶしでいいんですけど。

なんだか、見てて悲しいものがあるなぁ。

2006年7月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 08:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月12日

まとめてイッキ書き!

こんばんは、Jackです。

さて、さっきはネタの話でしたが、今度は実際に書く作業のお話です。
実はこれ、さっきの記事書いた直後に書いてます。

最近はこういう、週末のイッキ書きが多いです。元々長く書いてしまう方なので、一度に複数回分書けたほうが楽でもあります。

平日には簡単に書く場合は帰りの電車の中が多いですね。有楽町線が地上に出る頃には書きあがってそのまま送信、という具合になるのでちょうどいいです。

前は休日にセガフレードから書いてたりしてましたが、最近はそういうことってなくなったなぁ。まあ、単純にあまりぼーっとコーヒー飲みに行ったりとか、してないんですけど。

作者特集は家にいないと書けません。大量に作品読んで感想書くのでPCの操作性と高速ネットワーク環境が必須です。そろそろ書こうと思うんだけど、次は誰にしようかなあ・・・ぶっちゃけ、今リクエストが来てるシドだと、一日がかりの作業になりそうな気がして、その前に他の作者を挟むか、それともなんか書き方を考えるか、なんとなく考えてます。

なんたって、実は最近だとシドがREIQ嬢を超えて作品数トップだったりしますからね、書く方としてもちょっと身構えちゃいます(笑)

さて、ブログネタ、書く作業の実際と「記事のための記事」で二回も書いてしまいました。いい加減次はまともな記事書かないといけませんねぇ。

では、Jackでした。

2006年7月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月10日

ブログネタをめぐるさらなる冒険

こんばんは、Jackです。

さて、先日のブログネタを探してみる件、いくつか探してみました。
ちょっとそのあたり、ネタ探しそのものをネタにしてみましょう。

1.産経新聞「iza」
http://www.iza.ne.jp/

最近ちょっと話題ですよね、新聞社のニュースとブログサービス。
全ての記事にトラックバックが撃てるあたり、まさにブログにネタにしてくれというサイトなので、ブログからネタにするには使いやすいし、トラックバックからのアクセス流入も期待できるかもしれません。

ただ、ちょっとつらいのはうちみたいに事前に記事書いて、時間差で掲載される運用していると、古いニュースにトラックバックしちゃうことになるんですね。つまり、izaをネタ元に使うなら、できるだけ記事の鮮度を心がけなきゃいけません。

でも、まだブログの数もそんなに多くなさそうだし、けっこうよさげなんだよなあ。

2.Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/

なんか、ヘンなもの/クールなものをあれこれ紹介してくれるサイトですね。個人的にはこういうの大好きです。大好きなんですが、多分うちのお客さん層とはちょっとズレがあるよねぇ、たまーにネタ元に使うことがあるかもなあ、くらい。

3.@nifty デイリーポータルZ
http://portal.nifty.com/

ここはもう、バカ話満載のサイトでめちゃくちゃ笑えるし、毎日何かしら更新されてるのでとても使いやすいです。そういえば昔はここで載ってたサイボクハム(http://www.saiboku.co.jp/)なんかに実際に行ってみた記事なんかも書いたよね。

すごく面白くて、今でも大好きなんだけど、なぜか最近あんまり読まなくなってしまった俺。でも、ネタに困ったら見てみようっと。

などと、とりあえず思いつくネタ元をばらばらと並べてみました。これってつまり俺の好みなので、これらのサイトが好みに合う人はうちのブログが好みに合う可能性が高いともいえます。

ではそんなわけで、Jackでした。

2006年7月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月07日

沖縄じゃないほうのスパム

こんばんは、Jackです。

ここのところ、どうにもスパムメールがしつこいので、Jack's Roomに書いてあるメールアドレスを消してしまって、代わりにメールフォームを取り付けてみました。

なんせ、うちのスパムの量ってひどいもので、一日に数十も来るんです。数日家を空けてしまうと三桁件数来るんです。受信するだけで一苦労です。

私はメールアドレスとか、自分の個人情報というものをやたら神経質に隠したがるのは嫌いなのですが、ここまでになってしまうと、もはやメールが使いものにならないレベルなので、やむを得ずメールアドレスの公開をやめました。

スパムの送信先になるアドレスのリストは、ネット上を巡回するプログラムがあちこち収集して回っています。名簿屋が売っているケースってのもあるかもしれないけど、そういうのも大元はどっかから探して来るわけで、となるとやはり、あのサイトに書かれているメールアドレスがスパムを招いている確率は高いわけです。だから、隠してしまえと。

ただし、一度収集されたアドレスが削除されたとて、既にメールアドレスを収集した後であれば、効果はないかもしれません。収集したメールアドレスをずっと使い続けていて、そのアドレスを広く他のスパム業者に流通させるとかしていれば、いまさらメールアドレスを消しても効果はないと言えます。

ただ、ある程度はアドレスの「鮮度」も考慮してるんじゃないかなあと思うので、今からアドレスを隠しても多少の効果はあるんじゃないかなと思ってます。だって、百万件メール送りますよって業者が、十年前のアドレス百万件に送信してたら、そんな業者つかえないものねぇ。

というわけで、どれだけ効果があるのか解らないけど、少しでもスパムが減ってくれたらいいなあと思って、今回はこんなことしてみました。メールフォームを使う人はあまりいないと思うけれど、まあ、使いにくいものつかわせてごめんなさいということで。

とりあえず、経過を見守ってみる。

2006年7月
????にて

// Jack
posted by Jack at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月05日

ブログネタをめぐる冒険

こんにちは、Jackです。

先日の会社がやめさせてくれない話とか、緑茶の濃いのが流行らしいって話とか、最近ちょくちょく、ネタ元としてニュースを探していたりします。

でも、ほとんど、俺の記事にしたいほど気になるニュースってないんですよねぇ。

ちなみにいくら気になっても政治軍事宗教タバコ(あ、でも禁煙は無事に成功しつつあります)は絶対にネタにしません。そんなのいくらでも他で書かれているし、荒れるし。

まあ、日銀の総裁が投資したって別にいいんじゃないのか?とだけはちょっと言いたかった、今後の内規作りとかは進められて構わないと思うが法にも内部的な規則にも触れていない人間に辞任を迫らんでもねぇ、と思ってしまうのは私が無知なんだろうか。
なんか、議員の年金未納がどうとかで騒いでた時もそうだったけど、重要とは思えないことで大騒ぎして、実際に辞任に追い込む大事にしてしまう。他にやることがいくらでもありそうなのになんでこんな話が盛り上がるんだ?

・・・なんて、書けないこともないのだが、このサイトでこんな話してもねぇ・・・下手すると大荒れしますよ。詩のサイトには過激で小難しい意見持った人達なんかもけっこう訪れたりするので、私にそんな方々と議論する気力がまったくない以上、ある意味書けないのです。

だから、会社が辞められないとかお茶が濃いとかあんまり当たり障りのないところばかり書いているわけですが、あんまりそういうネタって多いわけでもないし、そんな中から、これだ、って話があるかっていとう余計に少ない。なんか新しいネタ元を探さないといけない必要に迫られてる気がしてきました。

っても今はYahoo!のニュース漁ってるだけなんだけどね。
なので、ちょっと色々ネタ元を探してみようっと。

2006年7月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年07月03日

もう半分か・・・

こんにちは、Jackです。

もう7月なんですよねぇ。

もう今年が半分過ぎたと。

なんか、今年は早いなあ。

まあ、今年から転職したわけで、環境としては大きく変化していたので、まあ、いつもと比べて余裕がなかったんでしょう。この半年色々あったように思うのだけど、あんまり印象に残っていることはないなあ。

さすがに半年経ったら仕事も慣れました。

通勤時間が少々長いのが難点ですが、銀座が近い(バスで10分くらい)なので仕事の後の飲みの予定とかはけっこう立てやすい。行きは難しいが帰りは座って電車に乗れるし、まあ、なんとか耐えられないこともない状況です。埼玉なんかに住んでたらどこ行ったって遠いしね。

来年くらいには引越ししたいなあって考えてます。

ってか、去年散々遊んじゃったから引越し資金なんか今とても出せないんだよね(笑)、来年くらいって理由は実はそれだけで、遠いから本当はさっさと出て行きたいのですけどねぇ。でも、実家住まいなら貯金も楽々だしあんまり急いでしまってもよくないかなぁ。

なーんてことを考えると、もうそろそろ私も将来の計画とか考えないといけないのかなあ、今までなんにも考えずにきちゃったけど、なんせもうそろそろ30代の足音が聞こえ始める頃ですから、ちょっと考えなきゃいけないかもしれません。

もう結婚も一度してしまったし、この後の目標なんて特に立てられないんだよなあ・・・ふーむ、どうしよう?

みんなの中で私は人生設計きっちりやってますぜって方とかいる?いたらちょっと話聞きたいかも。

そして私は、こんなこと考えてみても、たぶんやらないと思う(笑)

2006年7月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2006年06月30日

秋葉原ってどんな街だと思われてるのか

おはよう、Jackです。

いやあ、起きてから思い出した、金曜日の記事を書いてませんでした。慌てて書こうにもネタがないし、こりゃお休みかと思ったら朝テレビをみててちょうどいいネタが。

石田衣良のアキハバラ@DEEPが映画化するんだって?

見た瞬間つい「やめなさいよ」とつぶやいてしまった。

原作読んだけど、あれすごい話だぞ、主人公がオタク集団なのは「アキハバラ」とつけたら仕方がないのだろう、ところがそいつら全員病気持ち、というよくわからない話なんです。

いくら秋葉原とはいえ、オタクとはいえ、病気とはまったく関係ないし、そもそも実際に作中に出てくるような持病(この病気のリアリティは判断できなかったが、まあ似たようなのは実際にあります)をお持ちの方とかどう思うのだろう。ここに出てくる病気って主人公の特異性を強調するための道具に見えるから、あまり気分のいいものではないように見えるのだが。

拉致監禁されて尋問されたメンバーが自らの病気によって尋問を切り抜けるシーンなど描かれていたのだが、これなんか別に全く秋葉原じゃないし、何が書きたかったのだろう。

しかも、オタク集団のストーリーなのに最後は普通にアクションしてたり、なんのためのストーリーなんだと思ったけど、これは、だからこそオタク世界の住人じゃなくても読めるんでしょうね。この辺りはまあ、そういう考えなら、解らなくもない。

オタクはオタクであるだけで十分に特異である。病気など持ち出さなくとも、適当に(自分の書きたいところだけ)ディテールを書き込んでしまえば、病気とかよりよほどインパクトのあるキャラクターを描けると思う。

あと、こういう作品にでてくる神業プログラマを見るたびにため息が出ますね、本物のプログラマを描いてしまうとあんまり絵にならなさそうなので仕方ないのですが。

、、、とまあ、こういう話がいったいどんな映画になってしまうのか、ちょっと気になる、、、つい見てしまったりするのかもなあ

2006年6月
セガフレード・ザネッティ晴海トリトン店にて

// Jack
posted by Jack at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。