2007年05月16日

運命の2003年

そして運命の2003年です。

いや、運命のっていっても、別に何かあったわけじゃないけど、この一年間に集まった作品は前年の三倍を超える1539作品。つまりこの年から一気に急成長したわけです。この急成長ペースはこのまま2005年くらいまで続きますが、この年はそんな時代のきっかけになった、様々な人々が登場して活躍した年でもありました。

実に様々な人がいて、一人一人語っているとかなり長い話になっちゃいそうですが、この年私の印象として特に強烈だったのはシドとREIQの二人ですかね。2003年に登場した二人は驚異的なペースで書き続けたので、REIQ嬢などあっという間に作品数トップの座に躍り出ました。その後シド君にトップの座が移っているのですが、おそらく今でもこの二人がもっとも作品数の多い人達です。当時は同時に沢山投稿できたとはいえ、これだけの数になるのはなかなかすごいことです。

それからこの年はJack's Roomの初めてのオフ会が行われた年でもあります。参加者は数名しかいなかったけど、この時点でJack's Roomがはじまって6年目、6年目にして始めて会う作者の方々というのは実に新鮮でした。それ以来は年に一度くらいは誰かしらと顔を合わせる機会を作るようにしています。

大きな変化が起きた2003年のJack's Roomですが、これだけの作品数は当時手作業で掲載していた私の処理能力の限界近いものでもありました。完成は2004年のことになりますが、この年から現在のWeb上からの投稿システムの開発を開始しています。そしてそれより一足早く、この年の7月に作品に感想を書く機能が追加されています。
では、いくつか作品を見てみましょう。

シド作 さようなら昨日

とってもシンプルな作品、このストレートさがシドくんです。
正直、うちのサイトで作品を書く場合、シンプルでできるだけ短い方が読まれたりします。たぶんみんな黙読のスピードで手早く読んで行くので、長かったり複雑なものは苦手な読み手の方が多いのだと思います。
彼の作品はそういうこの場所によく合う。文体だけじゃなくて、そこに描かれている気持ちも、私からしたらわかりやすいと思うし、同年代の人々には共感をもって受け入れられたんだと思う。


向日葵作 向日葵-わたし-

何故だかずっと記憶に残っている作品。確か正月の夜中にメールチェックしたら届いていた作品でした。静かな時間だったから作品に入り込みやすかったのかもしれない。
ペンネームの向こう側の、普通の少女の姿が浮かんできます。これを読むと、こういう人達がこのサイトを支えてくれてるんだなって気にさせる。


つきよるほしこ作 めんどうくさい

でも、大人なつきよる姐さんにかかると、このとおり(笑)
向日葵とつきよる姐さんは確か一回りは歳が離れてたと思う。幅広い年齢層が揃っていて、世代を超えた交流がこの頃にはあった気がします。


ぽっけ作

感想でlineくんが痛々しいと言っているが、確かにそう思う。痛々しいけど淡々と語る口調はうまい。
この頃はまだ、Jack's Roomの背景は黒一色で、黒字に黄色の文字に赤いタイトルという配色だったので、この作品の痛々しさはより強く印象に残ったと思う。
今の配色であれば、多少印象が薄れて、その分淡々としたうまさが見えているように思う。
まあでも、ぽっけさんは明るい作品もいろいろ書いてます。


Jack作 扉の向こう

この年から私も投稿者に混じって、Jackの名で書くようになりました。
この作品で書いていることは、他の作品でも色々な形で言っていたりする。扉を開くことのできる自分。目を開いて光を感じられる自分。その自分に気付け・・・というような話はよく書きます。
・・・でも、最後の一行をなんでつけたのか、今となっては意味が解らない。改めて見てみて、何コレ台無しじゃん。って思った(笑)


1539作品から5作品を選ぶのは大変ですね・・・ちなみに特に選考基準はなく目に付いたものを選んでいるだけです。もしみんなが「何故この作品を取り上げないんだ」ってのがあったら、コメントにでも書いて紹介してくれると嬉しいです。

・・・でも、2004年になるともっと多いんだよねぇ・・・大変だな。
posted by Jack at 00:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | Jack's Roomの歴史
この記事へのコメント
jackさん、お久しぶりです。
ぽっけです。
ご無沙汰しておりました。

ここで取り上げていただいていたなんて....
いま知りました!笑

久々に恋しくなって訪れました。
来月、日本を発つことになりました。

来年からはフランスから、ちょこちょこ覗かせていただきます。
Posted by ぽっけ at 2009年11月20日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。