2015年04月30日

Jack's Room終了のとき

ずっと考えていたことではあるんです。いつかJack's Roomも終わる日が来ると。

しかし、今見てみれば既にもうサイトは寂れていてこのままだと誰もこの場所を振り返る日が亡くなるまで存続してしまい。誰からも忘れ去られたまま、いつの間にかなくなる。そんな未来が見えます。

それもひとつの形ではあるんです。だけど、あまりに寂し過ぎないかと。

せめて、僅かな人数でも、惜しみ見届けてくれる人達がいるうちに、Jack's Roomを終わりにさせてあげたいんです。具体的なアイディアはまだありません。Jack's Roomがなくなったあと、何が残るのか、あるいは何を残すのか。今の時代に合った形の投稿サイトを作ることに興味はありますが、時間はなかなかそこまで取れないのでJack's Roomの次の形というわけではなく、先にJack's Roomを終了して、そこから考えて行きたいつものです。

もちろん、何もしないかもしれません。今の時代Kindle Direct Publishingなどを使えば、個人が自分の詩集を販売できてしまう時代です。そのような時代に個人サイトとしてどのような形を提供できるのかどうかは、今の私にはわかりません。

しかし、今のJack's Roomはすでに時代遅れの投稿サイトであり。寂れてきている現実があります。
ですから、ここの歴史にはいちど、打つべきピリオドを打っておきたいと考えています。

なにをどうしていいか、まだわかりませんが、これからゆっくり考えて行こうと思います。


posted by Jack at 03:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
こんにちは!
御無沙汰しております。
ジャックルーム、閉じてしまうんですか。
私が15の時からお邪魔し始めて、思い出いっぱいの、所です。
ずっとずっと、忘れません!
Posted by いら at 2015年06月06日 22:11
よおう、いら!懐かしいな!
いい女になったかい?

大丈夫だよ、もう今の君にはJack's Roomは必要ないし、それでも、あの日君がいてくれたJack's Roomは誰の胸の中にも、きっとその輝きは失われないから。

この時期に、君の言葉が聞けて嬉しかった。
Posted by Jack at 2015年06月07日 23:18
そっかー閉めちゃうのかー。寂しいですな。また違う形での復活を待ってるよ(´ω`)
Posted by 火翠 at 2015年07月17日 16:41
とりあえずブログで次何やろうかだらだら考える話を書くんじゃないかな、誰も読まないかもしれないけど。
Posted by Jack at 2015年08月23日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。