2007年02月12日

結局、自分に何が書けるのか

こんばんは、Jackです。

さて、前回まで、自分の書いた記事を振り返ってみたり、好きな文章を紹介してみたりしてみました。

今回はそのまとめの記事です。

実をいうと、今回の話は最初に大体このくらいの回数使うことを計画したんだけど、今回のまとめのイメージは途中でもうほとんど固まってました。それでもいちおう、予定した記事は書ききってしまおうと思っていたのですが、私の記事に何が足りないのか、一番足りないものに途中で気付いてしまいました。

何よりも、時間が足りません。この記事も掲載予定時刻の二十分ほど前に慌てて書いています。書く前に事前準備の時間などは特にしていないので、この記事に使える時間は、今から掲載予定時刻の24時までの、20分間です。20分間で何ができるでしょうか?どうにかして字数を埋めるので精一杯です。
もちろん、時間があってもいい記事は書けないかもしれない可能性は残る。しかし、時間もなければ余計に書けないだろうことは確かです。

つまり、もっと多くの時間を割かないといけないわけです。

今のところ、平日は確かに時間を割くのは難しいかもしれません。夜遅く帰宅して、腰を落ち着けてゆっくり(書くための準備も含めて)文章が書けるかといえば、それはなかなか難しいかと思います。休日も、時間はあるんだけど、今までのところを見ると、どうも私はあんまり意欲がないようです。

さて、どうすればいいんでしょうね?

ここで、以前のこの記事を思い出してみます。こんなことを書いていました。

今まで色々なタイプの記事を書いてきたと思いますが、私が個人的に一番好きなのは、食べ物の話です。実際にお店に出かけた情報を基に書いているので、ただ机に向かって書いているだけの場合と違って細かいところまで書くことができます。また、食事の流れ通りに記事を組み立てるだけでもそれなりにまとまるし、その流れに写真を加えて行くとそれなりに見栄えのする記事になるので、書いていて楽しい記事です。

この、食事ネタの記事を書くのに、実際に食事に出かけて写真を撮ってくるというのは、これもまた、ひとつの記事のためにかけられた時間と数えることができます。事前に準備作業があって、準備ができていると共に頭の中で記事をイメージできているので、実際に記事を書く作業もやりやすくなるわけです。つまり、食事時間が記事のための時間を兼ねることができるということです。

さすがに毎日外食するには経済的にも栄養的にも不安ですが、何か食事の他に毎日やっていることについて書くことができれば、結果的に今より記事に時間を割くことができるようになりそうです。じゃあそれって何がいいのかな。

・・・やっぱり、本来は詩の話を書くべきなんですよね、ここって詩のサイトなんですから。

とはいえ、私にいったいどんな話が書けるのかなあ・・・自分自身があまり詩を書かなくなっているのに・・・ですが、最近はもう一度詩を書いてみようと思って、色々と勉強中です。今ならあるいは、書けるかもしれません。詩の話といっても色々な切り口があるわけですから、うまいこと私に書けそうなスタイルを見つけ出せれば、あるいは・・・

というわけで、詩についてどんな話なら書けそうなのか?次回に続きますー。

2007年2月
自宅にて

// Jack


posted by Jack at 00:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
おつです!久々にコメントでも・・・
なんつーか、記事の内容云々より人間臭くていいんじゃないの!?こーゆー心の内面含め正直な気持ちを書くことが詩につながっているとも思うし。見るサイトもそんなに多くない私の場合、ここは数少ない人間の本音に触れる部分で楽しめるよ。今まで通りマイペースで!
Posted by 受注男@晴海 at 2007年02月12日 21:02
んー、あんまりここで正直な気持ちなんて書いたっけ?(笑)
だいぶそのへんは自制して書いてたりしますよ(笑)

受注さんは「私が書いたもの」を読みにくるけど、ネット上でここを見つけるほとんどの人は、私のことなんて知らないわけですから、ただ「記事で書かれているもの」に興味を持って来ることになります。

知人が読みに来てくれることに甘えて日記でお茶を濁したりしていれば、これから知人になれるかもしれない未知の人物はつまんないから帰っちゃう。そして、知人もいつまでも読みに来られるわけではないので、やがて廃れます。今のここみたいに(笑)

書く以上はきちんと読まれるものを書きたい。何より今の自分の惰性で書いてる記事を自分自身が気に入らないので、これはもうなんとかしないと個人的に気が済まないわけです。これ珍しく本音です(笑)

まあ、十年サイト続けてずーっと寂れっぱなしだったから、今後も別に人が集まってくることはないと思いますが(笑)
Posted by Jack at 2007年02月13日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。