2007年02月07日

んー、時間が足りない・・・

こんばんは、Jackです。

今日も仕事が忙しくて、記事を書く時間が取れなかったです・・・

今日は当初の予定だと、ネット上で書くならどんな文章がいいのかってことについて考えてみる予定だったのですが、それちょっと、じっくり時間取らないと難しいよねぇ・・・

仕方ないので、時間がないなりになにかないかなと思ってGoogleに聞いてみた、「ネット向きの文章」。そのものずばりの検索結果はなかったけど、いくつか見てみると短い文章がネット向き、とする傾向があるようだ。

まあ、とはいえ、長文の読み物サイトなんかもあるわけで、これはつまり、ふらっと見に来た人をどれだけ引き付けやすいか?って話なんじゃないかなぁ・・・。

などと思っていたら、ちょうど面白そうな記事を見つけた。

ネットから長文が消えたいくつかの理由

おなじみの小寺さんである。この人の文章は本人も文中で言っているようにネットで読む文章の中ではかなりの長文に入る。でも、今回の記事だってもちろん、面白い。

小寺さんが言っている「文章入力ウィンドウが狭い」というのは私も感じている。Jack's Roomでは、作品投稿や感想の書き込み、掲示板の書き込み画面などについても、文章入力用のテキストエリアの幅を広く取ってある。それは長い文章が書きやすいための配慮としてそうしてあるんです。

私としては、長文は即ネットに不向きというわけではないと思う。ああ、この記事最初に見つけていたらこの記事だけで今日の記事書けたなあ・・・今途中でこの話追加しました。


それからGoogleの検索結果に戻ってみると、「ネット向き」という言葉に関して、客観的にそれを追及した話は見られなかった。どこも各自の思う「ネット向き感」で話しているようだが、それぞればらばらに見えるので、どうもどういうのがネットに向いているか、共通認識はあまりないみたいだ。

まあ、私の思うところとしては、何かについてきちんと方向性持って書いていければ、後は検索エンジンが探してくれると思う。そのことから、日記よりは目的のはっきりした文章の方が、ネットで人に読んでもらうには適している・・・という結局いつも言ってる話に戻ってしまった(笑)

・・・でも、多分そうなんだと思う、あれもこれもをカバーする必要はなくて、特定の方向をきっちりカバーしていくのが面白い記事だと思う。自分でちっとも書けない人間が言っているので真偽の程は定かでないけど(笑)

まあ・・・とりあえず、次回でここまでのことを振り返ってみます。

2007年1月
自宅にて

// Jack


posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。