2007年01月08日

池袋の裏側

堀之内橋こんにちは、Jackです。

さて、先日1月5日は行くあてもなくふらりと電車に乗って、道中写真なんか撮りつつあれこれと見てきたのですが、なんかいまいちどうやって記事にしたらいいかわからなくって、長々と書いた記事のまとめの部分がどうしても書けなくってボツってしまいました。池袋に行って、普段歩かない駅から離れたあたりを歩いてきたんですが、写真はけっこう色々撮れましたので、その写真を使ってもう一度、記事を書き直してみます。

冒頭の写真は堀之内橋、池袋の東口を出て、明治通りを王子の方向へしばらく歩いたところにある。明治通りが山手線の線路をまたぐ橋です。駅からそれほど離れていないところなのですが、池袋へ行ったことのあるほとんどの人にとって見たことのない風景だと思います。駅の周り以外へはあまり行かないもんね。まあ、行ったからって何があるというわけでもない普通の住宅街ばっかりなのですが。

裏通り堀之内橋を渡って、線路とだいたい並行して走る路地へ入っていきます。ここは池袋駅から徒歩10分もないあたり。東京だって、賑やかな街をちょこっと離れたらこんな住宅街がすぐそこにあります。特にこの道の狭さはすごい、路地裏の道に関しては埼玉より東京の方が狭いんじゃないだろうか。以前に白金台を歩いてみたときも、白金台だけに家々は立派でしたが、道路はこの写真と同じくらい狭いところがいっぱいありましたし、その上どの家にもびっくりするような高級車が並んでいて、狭い路地裏からどうやって車を出すのか人事ながら心配になったほどです。
池袋ではそんな風に家が高級過ぎるということはなくて、極めて庶民的な感じの家が並びます。中にははっきりと寂れた感じの建物もけっこうあり、池袋駅前の喧騒とのギャップを思うとなんだか寂しい気分すら感じます。

が、でもそれって街に歴史があるってことでもありますね。新しい街なら区画整理でもなんでもして広い道路に新しい家を建てればいいですが、そうもいかないくらい古くから建物が立ち並んでいたのでしょう。

サンシャイン60サンシャイン60はその昔、日本一高いビルでした。その後新宿の都庁に、そして横浜のランドマークタワーに高さを越えられているので、多分若い子達はサンシャインがかつて日本一だったことを知らないんだろうなあ。でも、元日本一のビルだって、その足元には住宅街が広がっています。なんていうか、昭和テイストな一枚になりました。

しかしこの写真、線路沿いは金網張りなので、デジカメのレンズを金網の間に差し込むようにして、つまり金網にべったり張り付いて写真を撮らなくてはなりません。ここも道幅2mくらいかっていうくらいの狭い路地なのに人通りは多い。最近人前でカメラ構えるのは慣れたので人に見られても気にしないが、金網にレンズを突っ込んで写真を撮る私の後ろを通り過ぎていく人々の視線はちょっと痛かったです。

大塚駅都電荒川線大塚の商店街

さっきの看板を越えた辺りから住所が「北大塚」になっていた(越える前は「上池袋」)のでなんとなくわかったが。しばらく歩くと大塚の駅に辿り着いた。そういえば、大塚駅前って都電荒川線が走ってたんですね。小さい頃に何度か乗った記憶があるのですが、少なくとももう二十年くらいは都電に乗っていないので、思わず興奮してシャッターを切っちゃいました。
しかし、大塚ってほんの数回降りたことがあるくらいで、駅前については何も知らないので、とりあえず池袋に引き返すことにしました。帰りは行きと線路の反対側を歩いてみたら、大塚から池袋方面へ歩き出してすぐ、空蝉橋を越えた時点で住所は既に「東池袋」でした。東池袋ってけっこう広いんですね。

東池袋路地裏「東池袋」側も「上池袋〜北大塚」側と似たような感じの細道が続きます。この写真を撮るちょっと前、気難しそうなお爺さんが家(写真より手前にあります)に入っていきました。こういうところを撮ると、気難しい住人とかいたら怒られそうだなーとか考えてしまいます。途中で帰宅途中らしき若い女性の後ろを歩くことになったのですが、「これ今カメラ構えたらなんかイヤな顔されそうだよなー」と思って、歩調を落としてやり過ごしてみたりとか、けっこうムダな努力を繰り返しいます。知らない路地を曲がってみようとしたら行き止まりで、その行き止まりの住人が引き返して行く自分をずっと見ていたりとかすると、視線に「こいつ何しに来たんだ?」的なものを感じることもあり、路地裏を歩くのもけっこう色々気になります。そのへんの話も今度、記事にしてみようかなぁ。

一番館豚肉ときくらげの卵炒め

帰りは線路を離れて歩いて、60階通りの方へ出ました。帰りに飯でも食っていこうと思って、池袋GIGO(セガのゲーセンですね)を曲がったところにある「一番館」へ、すごくおいしいというわけでもないですが、かけらーめん280円とかけっこう安くてそれなりにおいしいお店です。以前にこの近所で仕事していて、ちょくちょく寄っていたのが懐かしくって、今日はここで夕食にしました。豚肉ときくらげの卵炒め定食600円。たまにはこういう中華もおいしいです。

そんな感じで、数時間かけて(途中もっと寄り道しています)池袋を歩いてみましたが、なんだかまったくまとまりのない記事になりました。まあ、池袋の駅を普段使ってる人には、駅からちょっと離れるとこんな光景が広がってるんだよって、面白い記事に・・・いや、ならねえな(笑)

まあ、とりあえずお出かけの報告でしたー。

2007年1月
自宅にて

// Jack


posted by Jack at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。