2006年12月11日

刀削麺荘で火鍋

こんばんは、Jackです。

刀削麺荘先日、有楽町の刀削麺荘で火鍋を食べてきました。

火鍋、中国語的にはたしか、フォグォ、みたいな音で読むんじゃなかったかな(根拠薄)。日本国内なら大抵は日本語読みでヒナベと読んで通じるが、刀削麺荘ではマーラータン(麻辣火鍋)なんて名前でも呼ばれている。

いえ、本当は火鍋だっていつもの知音食堂とか、永利でもいいのですが、私と同居人の二人ではどうにも量が多くなりそうなので、池袋で火鍋は食えずにいます。実際に池袋の中南海で火鍋を頼んでみたらこういう量で出てきてとても食い切れずに途方に暮れました。

冷菜盛り合わせというわけで、刀削麺荘ならもう少し量的にマシかなぁと思って、「西安火鍋コース」を頼んでみました。
・・・が、けっこうこっちも豪勢なもんでした。まずは冷菜の盛り合わせから。どれもおいしいのですいすい食べられます。にがうりって中華でも使うのですね、はじめてみたけどタレ(バンバンジーのソースみたいなやつ)とよく合います。

鉄鍋餃子海老の炒めもの
火鍋前の前哨戦的メニューでさえ色々出てきます。海老の炒め物と鉄鍋餃子、あと写真撮り忘れたけど小籠包なんかも出てきました。これらだけでも、とりあえず空腹感に猛り狂っていた腹はひと段落するわけです。満腹ではなくても、まあとりあえず食べたなと、とりあえず落ち着いたかなっていうところで、本命の火鍋が始めて登場します。

火鍋初期状態豚と羊と野菜鶏肉と香菜

さあ、これだけ合わせて二人前だ。今からこいつを食い尽くせ!中心で区切られた鍋に湛えられた二つのスープ。方や真っ赤な麻辣スープに方や塩味系。火鍋とはつまり、これらのスープを相手に繰り広げられる中華風しゃぶしゃぶの一大ファイティングオペラなのでございます。
大きな皿の方には豚肉と羊肉、小さな皿には香菜と合わせて鶏肉が乗っています。他は豆腐とか厚揚げとか豆苗とか春雨とか、様々な食材が色々と乗っています。これらの具材をそれぞれ好みのスープに泳がせます。具材に火が通ったら手元のつけダレに漬けるのですが、漬けダレの写真を撮り忘れました(鶏肉の写真の後ろに載ってる奴です)。ここ刀削麺荘では基本ごまダレですが、店によって様々な漬けダレがあったりします。ごまダレメインの刀削麺荘でも別途ごま油とにんにくの刻んだのが添えられていて、ごまダレに加えるもよし、それだけで漬けダレにするもよし。さらに、特に赤い方のスープは、使ってるうちに手元の漬けダレに味が移って、漬けダレそのものが辛くなってくる。それぞれの火鍋ストーリーがそれぞれの手元で展開する。そんなカスタマイザブルな食べ物、それが火鍋なんです。

火鍋沸騰真っ赤な麻辣スープも沸騰すると赤いだけではない顔を見せます。私はこっちの赤いスープばかり食べていて、白い方のスープはあまり食べたことがないのですが、このスープ、確かに激辛ですが辛いだけではない、旨みをしっかり持ってます。辛さとしてはそんなに非常識に辛いわけではない、そうココイチの3辛くらい食べられれば大丈夫(辛さのタイプはまあ違いますが)。真っ赤な食べ物でも韓国系は人体の限界に挑戦する辛さがありますが、中国系の真っ赤な食べ物はそんな風に、身の危険を感じるほどの辛さというのはありません。危険はないけど、長時間食べ続ける量になるとけっこうしんどい戦いになります。しんどいけど、では何故食べるのか?そりゃもちろんおいしいからです!辛いんだけどおいしいんです。特に、羊肉なんて、先日食いに行ったイタリアンのお高いコースに出てきた羊肉のスペアリブより、火鍋でいただく羊肉の薄切りの方がよっぽどくさみがありません。羊肉というと苦手な方もいると思いますが、中華で食らう羊肉はうまいですよ、だまされたと思ってチャレンジすると、新しい世界が開けるかもしれません。

刀削麺!さて、大柄な私と、身長が147センチしかない小柄な同居人(でも年は同い年だ、私は決して年端も行かない娘と同居しているわけではないぞ)のアンバランスな二人では、量的にはそれほど多くないここの火鍋も平らげるのにひと苦労です。どうにか具材の山を片付けたところで、いよいよ登場する真打、そう刀削麺。刀削麺荘というくらいだから刀削麺こそがこの店のウリである。

刀削麺、とうしょうめんと読む。実は最近まで私はトウサクメンと読んでいたが倒錯した麺というのもまた困った存在だ。読んで字の如く刀で削った麺ということになるが、刀といっても中国の刀と言って思い浮かべるようなごつい青龍刀とかではない。この記事で書かれているような特殊な器具を使って小麦粉の塊を削り飛ばした麺なのである。つまり、太さのばらついたうどんだと思ってほぼ間違いない。

当然、ぶっというどんなので相当ボリュームがある。もとより体格の小さくて小食なうちの相方はすっかりリタイア気味。そうなったらもはや私が食うしかないではないか。幸いにして味はすごくおいしいのだが、この頃には手元の漬けダレにも麻辣スープの味が(漬け込んだ具材を通して)染み渡って激辛になっている。ただのうどんのはずが辛いのだ。でも、それこそが火鍋の醍醐味と言える。諸々が混ざって渾然一体となった味こそが真髄である。辛味に漬かった刀削麺は本当においしい。まったく、中華を食っていると私に底無しの胃袋が欲しいといつも願ってしまう!

杏仁豆腐このようにして火鍋と壮絶な戦いを繰広げた後に出てくるデザートの杏仁豆腐。私の経験に基づいてこれだけは言えるのは、本当に辛いものを食べるときは甘いものと一緒に食べた方がよいというのがあって、甘みは口の中の辛味をさっぱりと消し去ってくれる。

この杏仁豆腐も、約一時間の火鍋との格闘ですっかり激辛になった我々の口中をさわやかな甘味で洗い流してくれた。特に激辛な食べ物に挑戦する人は、その前にサポート役となる甘味の存在を確認してから挑むことを真にオススメする。マジで、楽になりますよ。

そんなわけで、けっこうおなかいっぱいになりつつ有楽町刀削麺荘を後にした。どうだい?よかったら、一緒に火鍋食べに行きたい人がいれば声かけてよ。たまにはJackと一緒にこんなホットなひとときも、いかが?

これだけ食って3600円だ。HOT PEPPERなんかあると、もう少しボリュームを削ったコースが2900円なんてクーポンがついてたりします。安いし、火鍋入門としては悪くないコースだ。この寒い季節に、HOTな火鍋でヒートアップする夜も、たまには悪くないよね?

2006年12月
自宅にて

// Jack


posted by Jack at 01:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
いつもはEZwebから見てます。コメントしに漫喫へのこのこと。

わぁ!刀削麺って日本でも食べられるんだねえ。むかし少年チャンピオンに鉄鍋のジャンて漫画があって、それに出てきたんだけどもダオ・シャン・ミェンて言ってた。なんでも相当な高級技術らしいよ?
あの麺を美味しく削りだすのは。

にしても毎度よく食うね、あの量を……
なんか読んでるだけで腹いっぱいになった感もありつつ、いつもうまいものが食える貴方にジェラシックパークなわっちでありんすぇ。
Posted by 砂@漫喫 at 2006年12月13日 01:51
鉄鍋のジャン知ってる、あの妙に目つきの鋭い主人公だな?

刀削麺はなんつーかうどんですよ、うどん(笑)

大丈夫、中華ならもっと安いところも色々あるので君でも食えます(笑)
Posted by Jack at 2006年12月14日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。