2012年07月28日

元に戻ろうとする動き

ひとまず、Jack's Roomのサーバ移転からもうそろそろ1ヵ月が過ぎる。
移転自体は無事に成功したと言っていいし、サイトも正常稼動している。

ひとまずJack's Roomは落ち着きを取り戻したと言っていいと思う。

トラブルが続いたことでサイトのアクセス数がはっきり落ちていたのと、私自身が今現在休職中で時間に余裕があるので、最近は頂いた投稿作品をゆっくり読むようにしている。今回の入院以前はちょっとひどいレベルの忙しさだったので、残念ながらゆっくり時間が取れていなかったのだ。

その休職期間も今月いっぱいで終了する。私の生活もまた元に戻って行く。

とはいえ、いきなり以前のように多忙な仕事には戻らないつもりなので、来月以降も作品を読む時間くらいは取れるだろう。生活面で健康上の問題のため外食の比率が減って、家にいる時間が長くなるので、自然とコンピュータに向かう時間自体も長くなることと思う。

大局的にみれば元に戻るけど、完全に元通りの姿には、実は二度と戻れない。
世の中そういうもんである。何も変わらないようには見えるけど二度と同じこともない。

Jack's Roomも同じように、完全に元の姿に戻るというよりは、また違う姿になっていくのだと思う。
それに、今回みたいに私がちょっとばかし入院したくらいでサイトが機能停止するのも困るので、入院とか多忙とかで私がいなくてもある程度機能するような仕組みを考えないといけないとは思う。

でも、システム周りを作り替えたところで、Jack's RoomのJack's Roomたる部分はそう大きく変わるものではないと思う。機能的にちょっと変わったからって、ここが詩の投稿サイトであって、ここに来ているみんなが作り上げて来た場所であることに変わりはない。

そんな風に、色んなものが概ね元通りになり、そして変化していく。
ひとまずその動きを見届けられるところまで、私自身も元の姿に戻ってきた。
posted by Jack at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。