2006年10月31日

余裕がないと、、、

こんばんは、Jackです。

今はもう22時半、帰りの電車の中です。

別に飲んでたわけじゃなくて、仕事が終わらなかったんです。

忙しいと疲れるし、記事を書く余裕がなくなってきます。時間的体力的にはまだなんとかやっていけそうかなって状態でも、記事を書こうとしても書けなくなる。趣味のブログにまで時間を割くのは、実際に文章を書いている時間以上の「余裕」の時間が必要なのである。まあ、書くネタに関しても、意識してネタ集めしてるわけじゃないにせよ、余裕がないと「あ、これブログネタ!」とか考えてられないから、書く時間以外に余裕が必要なのは、解る気がする。

ブログの記事の話だけでなく、仕事なんかでもそうだと思う。忙しいときにかぎってミスが目立ったりする。目一杯忙しくすると、見た目の仕事量はこなせるが、実質はあまりいい結果を呼ばない。意図的に手を抜くとかしているわけでなくとも、余裕がないと気付くはずのミスに気付けなくなったりするのだ。

とはいえ、仕事に関してここで語る気はあんまりない。「○○のプロの仕事術」なんて書けば格好よいが、なんだかネットはそんなビジネスめいた話題で一杯なので、そんな話はここで語らなくてもどこででも読めるだろうから。

ああ、でも、偽装請負の話とか、そういう仕事の話ならちょっとできるかも。IT業界にも偽装請負は沢山あって、ひどい話もけっこうあるのだが、こういうのってエンジニアが集まるサイト以外ではあまり聞かれない。エンジニアの全てがエンジニア向けの情報源をすみずみまでチェックしているわけではないので、自分の労働状態が偽装請負と呼ばれる違法状態であることに気付くこともないまま勤続もう何年目?って人も沢山いたりする。

これは一度、ここでも書いてみてもいいかもしれない。友人知人にも情報系の大学に入った人とか就職活動でIT系受けてみたって人とか沢山いるし、一人でも多くの人に現実を知ってもらった方がいいと思う。

よし、それはいずれ書こう。

ここまで書いて、話が途中から脱線していることに気付く。やはり余裕がないと、脱線に気付いて軌道修正するという、普段やっている行動ができなかったりするのだ。こうして、読み終わってみて結局何が言いたかったのかさっぱりわからないダメ記事ができあがるわけだ。

しかし、今回は時間がないので、量的に充分書けただけでもよしとして、このまま公開してしまおうと思う。

2006年10月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
あらら、22時30分までお仕事だったのね・・・ちょうどオレも同じくらいまでZ棟にいたからメールすれば良かったよ。
またね♪
Posted by 受注男@晴海 at 2006年11月01日 00:30
はは、そういえば飲みに行けてないですねー。11月は月末近くまで危険な状態ですわ・・・まあ、でも帰り道なことだし、早めにあがる時とかあったら気軽にメールしてくださいな
Posted by Jack at 2006年11月02日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。