2006年09月01日

まだまだ続く、知音ワールド探検記

知音食堂入口こんばんは、Jackです。

仕事帰りにちょっと、池袋で途中下車。

北口を出て、ロサ会館のほうへ向き、吉野家のわきの細道へ入る。
路地裏の奇妙な電飾に囲まれた階段を降りるとそこは、、、

そう、ここが知音食堂です。


最近の私はやたらとこのお店の話題ばっかりです。もう今月何度行ったか数え切れないくらい行ってます。だんだん慣れて来ました。普段は中国語ばっかり聞こえてくる店内でも意外と普通に日本語が通じることに気づいたら、もう怖いものなし、後はひたすら食うばかり、です。

もうね、仕事が終わる時間になるとここの麻婆豆腐が食いたくなってくるのですよ。いてもたってもいられなくなって、なんていうか、「気が付いたら知音食堂に座っている」なんて勢いの時が何度かありました。

今日は幸い空いていたようで、相席でもなく三人くらい座れそうなテーブルに一人で通されました。一人だとせいぜい麻婆豆腐とご飯で終わり(ご飯は山盛りだけど普通に茶碗なのでまあ食えます)ですが、たまには軽いおつまみでもと思って、バンバンジーをオーダー。

怪しさ全開じゃねーかバンバンジーって棒々鳥って書くんだと思ってましたが、ここのメニューでは怪味鶏って書いてありました(説明のところにカタカナでバンバンジーと書いてある)。多分中国語読みするとバンバンジーって読まないですよねぇ、なんか違う料理なのかしら?

程無くしてバンバンジー運ばれて来ましたが、さすが知音食堂であり怪味鶏です。真っ赤ですよ。もちろん、食ってみたら激辛です。今までの私の認識(つまり日本国内で食べた中華料理)をまるっきり裏切ってくれるこの急展開ぶり。新しいオーダーの度に新しい世界が開けてきます。ちなみに「軽いおつまみでも」と思って頼んでも、量的にはこれでご飯がじゅうぶん食べられるくらい出てきました。知音食堂的には多いうちには入らない量ですけれども。

麻婆豆腐!

そしていよいよ麻婆豆腐!これが辛いし、うまいのです。先日のオフでもみんなで食べてましたが、ああいう場でなくとも、食事としてご飯と共にいただく麻婆豆腐はもう最高です。すごく辛いんですが、そんなことは気にならない感じですいすい食べられてしまいます。ちなみにこれも量多いよ。でも、ご飯も山盛り(茶碗は小さいけど上にまあるく山盛ってある)で出てくるので、ちょうどいい感じで食べ切れます。

・・・が、一人なら麻婆豆腐とご飯だけにしておけばよかった。怪味鶏は余計でしたね。満腹になりつつ店を出て、今日はすぐ近くの「知音食品」へお買い物に出かけます。

何の魚だろうこの店、水槽で鯉が泳いでた(食材なんだと思う)りなんだかよくわからない肉が大量に冷凍されてたりするのですが、一番面白そうなところはレジの前なので小心者な私は撮影を遠慮しておいた。

が、いくつか撮ってきた中で気になったのがこの写真なんだけど、これ、いったいなんの魚だろう?他にも色々気になるものがあったが、主に食べ物なので、満腹状態の私はあまり欲しいと思えなかった。しかし、せっかくだから彼女におみやげでも買っていこうと思って、あれこれと店内を物色。物色しても食ったことのない食べ物が多いのでよくわからず、あんまり激しいお土産を買っていくと殴られそうなので、仕方なく知っているものの中からこんなのを選んでみた。

酸辣湯ぴーたん!春雨スープは私がけっこう好きでよく食べる。ダイエット目的ってわけでもないけど、低カロリーだとなんとなく得した気分になるのでよく食べる。それにコンビニで売ってる「龍口春雨」とかけっこう、おいしい。そんなわけで普段からよく食べている春雨スープなのだが、こいつは本場中国モノだ。なんか袋の裏を見ると成都(四川省の省都)らしき住所が記されている。これは相当強烈なのが期待できそうだ、知音食堂のメニューにも酸辣粉なる春雨スープがあるが超強烈に辛い。低カロリーかつ激辛によって量はめちゃめちゃ多いが案外ダイエット食かも知れないくらいの勢いだ。あとは、ピータン。殻のままのピータンって食べたことなかったので買ってみた。

春雨は二つ買ったけどひとつ98円くらい。ピータンは6個入りで199円だったか、ピータンなんて外で買ったことないからわからないが・・・安い・・・よなぁ?

ピータンは帰ってきてから一つ食べてみた。・・・丸ごと食うと塩辛いなぁ、お店でやってるみたいに豆腐と一緒に・・・とかさっぱりしたものと食わないとちょっとしんどいかもしれない。というかこれが6個もあるのはけっこう食べるの大変かもしれない。賞味期限はけっこうもつみたいだから、まあ食べきれるとは思いますが。

調味料の類や肉類魚類まで色んな中華食材が手に入るので、時にはここで買い物して何か作ってみるってのも面白いかもしれない。

そんなわけで、今日はいつもの知音食堂と知音食品の二本立て、知音グループレポートでした。ネット上を探してみて、知音食堂ネタは多いけど知音食品の話は食堂に比べて少なかったので、実際に行ってみて書いてみました。日本じゃない気分に浸れるので、近くに立ち寄った際はちょっと寄ってみると、なかなか面白いですよ。

それでは、また、Jackでした。

2006年9月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。