2006年08月23日

スケジュール管理

こんにちは、Jackです。

こうして移動中にザウルスいじくりだすと夏休み気分もすっかり抜けます。夏休みの間中触りもしなかったザウルスは電池がすっかり切れていて時計を設定し直すハメになりました。

今は昼ですが、急用で歯医者に行ったのでこれから出社です。なんかね、前歯がいきなり欠けたんですよ。知音食堂で鳥肉かじってたら突然に。びっくりして飯に集中できず(ただでさえ量が多いうえに辛いのばっかり頼んでる)残して帰ってきてしまいました。

しばらく歯医者に行ってなかったので前歯(これは即日直った)の他にも治すところがあるようなので、そのまま予約を入れてもらった。歯医者の予約ってのがまた、二週間とか、絶妙に忘れそうな期間が空いてて嫌なのですよねぇ。スケジュール管理ツールを使わない私はよく忘れてしまいます。

しかし、ザウルスを両手保持しながら「スケジュール管理やってない」なんて書いてる私もなんだかヘンだ、ザウルスでスケジュール管理したらいいような気もする。でも、使ったことがない、今までスケジュール管理ツールなんて使って長続きしたことがないから、自然に諦めてしまっている。手帳すらまともに持ち歩いたことがありません。

というのも、書き込むほどの予定がないのだ。

たまにしか予定が発生しない。するとスケジュールを確認する必要があることもほとんどない。そうすると、たまに発生する忘れたくない用事も、確認する習慣がないのでたまに忘れる。

そこでちょっと思いついて、ザウルスのカレンダーに毎週の日曜日、火曜日、木曜日の深夜の繰り返しの予定として、「ブログの締切」なんて設定してみた。

まあ、こんな予定なんて確認するまでもなく知っているんですが、いざ設定してみると、途端にカレンダーが賑やかになって、なんだか他にも書き込める気がしてきます。

こうなると後はすいすいと「書くまでもないと思っていた予定」を書き込んで行きます。それからもちろん、歯医者の予定も。一つ一つは重要な予定でなくても、沢山あると確認する気になるんじゃないかと思ったのですが、見事にスケジュールを書き込むのが楽しくなってきました。

これで書き込む気にはなったとして、あとはチェックする気になれるかどうか。これはもう、しばらく使ってみて判断してみようと思います。

やるまでもないと思ったことでも、実際にやってみると色々見えて来ることがある。思い込みに気が付いたら変革のチャンス。わかっていても人間ついつい思い込みで行動してしまうもので、なんだか今日もひとつ学んだ気分です。

2006年8月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。