2006年08月11日

その三十分にあなたは何をする?

こんばんは、Jackです。

はい、今は2006/8/10 PM 23:40です。
ここの記事は実は、24:10くらいに掲載されるので、あと三十分しかないんですよ。

三十分、さんじっぷん。

三十分あれば何ができるでしょう。

泣いても笑っても、あと三十分しかない、最後の三十分。

そんな三十分に、あなたなら何をしますか?

例えば人生最後の三十分・・・はちょっと想像がつきませんねぇ、多分、なんか呆然としてる間に三十分終わりそうです。


出勤前の支度もすっかり済んだ、落ち着いた三十分。

この三十分に私はコーヒー飲んで、ザウルスのメールチェックをします。といっても、この時間をとるのは既に家を出て、会社のすぐ近くまで来てから近所のセガフレードザネッティで取るんですけれども。


寝る前の三十分。

うーん、別に寝る前に三十分とか意識したことないなぁ、寝る前にちょっとこれを・・・と思うと特に三十分とか考えないで、だらだらやっちゃうもんなぁ・・・だから寝不足になるんだけども。


終業三十分前。

んー、定時とか意識する仕事したことない(遅いときも早いときも)ので、この感覚はあんまりないかなぁ。まあ、自分でなんとなく、あと三十分で帰ろう。ってことがあるくらいですかね。


終業三十分前(後に飲み会が控えている場合)。

三十分前くらいから仕事を終え始めます。二十分前になる頃には仕事が完全に中断され、十五分前から十分前くらいでPCの電源が落ちます。

周りを見ると、まだまだ熱心に仕事していて気まずくなることがけっこうあります。


朝起きる三十分前

あと五分、とかはよくある話ですが、あと三十分あればけっこう熟睡できます。三十分早く目が覚めた時とか、あと三十分も寝られると思うと、それはそれでちょっと幸せな瞬間かもしれません。

ただ、私はたまに、目覚まし三十分前に目が覚めて、もう起きるつもりで目覚ましを止めて、そこから二度寝してしまうことがあります。起きたら、会社に到着する三十分前だったことがあります。


ブログを掲載する三十分前

このように、三十分もあれば苦し紛れに色んな三十分を列挙してブログ記事をでっちあげることができました。

・・・ほんとに、書き出し時点で何書こうか考えてなかった。

でも、「○○の三十分」とか、パターンを作っちゃうとなんとなく書けるし、書いててちょっと面白い。これ、「○○の五分」とかもやってみたいね。三十分だとけっこう余裕のある時間だけど、五分って余裕はない。わずかな時間をどうするか?って話になります。もっとも、それは五分では書けそうにないですが。

今ちょうど24時、まだもうちょっと時間があります。

・・・って、なんかそれじゃテレビかラジオみたいな話だな。別に時間ぎりぎりまでブログ書き続ける必要ないじゃん。

知音食堂突撃オフに参加希望者が名乗り出てくれて嬉しい限りです。二人とも近日中に連絡取りますが、まだまだ、他に参加したい人いたら声かけてくださいね。おいしいものを安く、かつ腹いっぱいいっぱい食べられることは間違いないですから。

ではそんなわけで、見事にいい加減に三十分で書き殴ってしまいました。こんな記事書くから読んでもらえなくなるんだよなあと思いつつ・・・Jackでした。

2006年8月
自宅にて

// Jack
posted by Jack at 00:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
30分あったなら・・・何をしようかな。
でもやっぱり寝ていたいかも^_^;
朝は特にね。

ブログは、画像入りとかをたまには入れて欲しいな〜♪
ウーパールーパーとかないの?(笑)
タウナギの写真とか(笑)
Posted by パンタロン at 2006年08月11日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。