2006年05月26日

みんなで書くとどうなる?

こんばんは、Jackです。

先日、@ITっていうIT業界向けの情報サイトを見ていたら、阪急電鉄のブログの話が出ていました。

http://www.atmarkit.co.jp/im/cop/serial/web20/01/01.html

それで、阪急電鉄のブログというのが、沿線住民に書いてもらうブログ、という形になっているようなのです。

沿線のことは沿線住民が知っている、と。

これはそのとおりだろうし、書く方も自分の小さなブログより鉄道会社のサイトで書けるなんて面白そうだし、きっと張り切って力作書いてくれそうです。作者も面談までして選んでいるそうなので、よっぽどひどいケースはまあ、ないはず。

非常に面白い試みだと思いました。日記的なブログじゃなくて、阪急電鉄の沿線周辺情報という、サイト自体に目的がある場合、そのサイトのブログを書くのはサイトの運営者である必要なんかまったくない。こう書くと当たり前に聞こえるけど、そうは思いつかないものです。

以前にも話したけど、方向性のきっちり決まっているサイトやコンテンツは強い。それはこんな部分にも出るんでしょうね。方向性のないただの日記ブログなら、書く人が入れ替わったらよく判らなくなるし、そもそも元から作者のお友達くらいしか読んでいないのでウケないでしょう。うちも含めてですが。

でもうちには、私のだらだら日記になってしまっているという厳しい現実もある反面、ここは詩の投稿サイトJack's Roomのブログであるという、一定の方向性もなくはないのです。

みんながどんな風にJack's Roomと接しているか、みんなが詩を書くとき、詩的に感じるもの、そんなテーマを追求してみれば、うちでもマルチ作者ブログが作れないこともないんじゃないかなと思います。

それに、一人で一つの方向性を追い続けるのは難しくても、複数人いると互いの触発の連鎖を期待できるかも知れません。そんなふうに考えると、面白そうですね。

ねえ、誰かこのブログで書いてみたい人はいませんか?

誰でもOKというわけには行かないですけれど、希望者がいれば前向きに検討してみたいです。書きたいって話じゃなくても、こんな風になるんじゃないかとか、そんな話でもなんでも、よかったらコメントしてみください。

それでは、Jackでした。

2006年5月
有楽町線車内にて

// Jack

posted by Jack at 00:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
ブログ書きたいというわけではないが、プログラマ的には日常茶飯事の行為である安易にコピるということをした場合、東武東上線編を作るのが良いかと・・・
池袋から上板橋辺りは書けるぞ!!
Posted by 受注男@亀戸 at 2006年05月28日 22:04
なるほど・・・コピるっていうか沿線ブログ多態化ですか(笑)
一駅ずつ攻めていくのも楽しいかもしれないですね、ちょっと考えてみようかな。
Posted by Jack at 2006年05月29日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。