2006年05月19日

恋愛物でいっぱいな投稿作品

こんばんは、Jackです。

Jack's Roomの作品って、恋愛物が沢山ありますよね。
私も結構書いていると思います。やはり、何か書きたいほど心が動くってのは、普通の人にとっては恋愛なんでしょうか。

でも中には、恋愛物を嫌う方もいます。まあ、数が多すぎるし、場合によっては、書きたいほど心は動いていても、書けるほど周りは見えていないただの意味不明な恋愛日記になってしまう作品も多いですからね。私もそういうのは読んでて苦笑いです。

恋愛しながら恋愛物を書く人は、冷静になって書くことを心掛けるといいかもね。

あなたが投稿する作品を読むのはは気になるあの人じゃなくて、うちの読者ですから、読む人のことも意識しながら書いた方がいいでしょう。

まあ、今日は恋愛物の作品の話がしたいんじゃなくて、恋愛物がそんなに多いのなら、きっとうちの人達にとって恋愛はそれなりの関心事なんだと思います。

なんてことを考えていたら、ここで恋愛の話なんてしてみてもいいのかなぁなんて思えてきました。

でも、私の恋愛話なんて誰も聞きたくないよなぁ、話せるほどきれいなものばかりでないってのもありますけど。

だもんで特に私は語らないですけど、私からすると私より最近の若い女の子たちの方がよっぽど海千山千のつわもののように見えます。正直いうとね、自分より随分若い女の子に、相談を持ちかけちゃったりすることもけっこうあるくらいなんです。それで結構的確なアドバイスくれちゃったりするからすごいなぁって思います。

十代はずっと(今でもか?)オタクでしたし、二十代に入って早いうちに家庭を持っていたんですから、あんまり恋愛なんて経験する機会そのものに恵まれなかったのもあって、どうにも私は臆病で不器用みたい。女の子に笑われることもしょうちゅうで、たまに情けなくなるくらい。

なんて、こんな人物がやっているサイトに恋愛物がたくさん集まってくるんだから、なんだか不思議な取り合わせだなぁと思いました。

まあ、別にいいのか、恋愛しているのは私じゃなくって作者さんや作者さんの周囲の世界の人達で、私じゃなくても。

じゃあ、私は恋していないのかって?

それは秘密ですよ、みんなの前じゃ書けませんね☆

それでは、Jackでした。

2006年5月
有楽町線車内にて

// Jack

posted by Jack at 00:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
恋愛って人にとってのすべてが入ってますからね
苦い恋、甘い恋、いけない恋、ときめく愛
ここにはいろんな想いが溢れていて刺激をうけます
私も早くに家庭をもちましたが、今でも夫と恋愛してますよ
たまによそ見もしますがね
Posted by 火翠 at 2006年05月19日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。