2006年04月26日

ゆらゆらと脱線しながらしゃべってみる

こんにちは、Jackです。

やあ、今週も記事が尽きています。さっさと書かないといけませんね。幸い今日は体調がいいですから、朝の電車の中でさっさとこれを書き終えられそうです。

ここのところ記事が滞りがちだったのは、多忙もそうなのですが、通勤時間に「坂の上の雲」を読み返していたせいもあります。あれ、ついつい読みふけってしまうので記事を書く時間を取り損ねてしまうのです。で、やっと読み終わったので慌てて今記事を書いているわけです。

以前にもこのブログで坂の上の雲の話はちょっと出ましたね。ドラマやるとかって話を聞いた気がするけれど、どうなったのだろう?

坂の上の雲、司馬遼太郎による日露戦争のお話ですね。秋山好古、真之の兄弟と正岡子規(すぐ死んじゃいますが)を主人公として描かれる明治時代のお話です。

子規が出て来るので当然ながら俳句や短歌のお話なんかも出て来ます。でも、子規がそれらを書くのはまあ当然ですが、読んでいて驚くのは戦場に登場する軍人達までもが詩を書くんですね、当時の詩は漢詩なのでちょっと読むのに苦労しましたけれども。

なんだか、それらの子規の句や軍人の詩を様々読んでみると日本語の美しさを学び直したくなります。たとえば七五調というやつは日本語にはやはりとても相性がいいのですね。

Jack's Roomで見かける作品にはこのような従来のこの国の詩というよりは、最近の歌詞に影響を受けるものが多いせいか、会話調のような作品が(私も含めて)非常に多いですが、歌詞に影響を受けるのも悪くはないけど、やはり詩を知っておくことも大切なように思います。

後さらに言うなら、音、ですね。

Jack's Roomの作品のほとんどは部屋で家族や周りの友人に隠れて書かれたものであるせいか、声を出して読まれていることが少ないかなと思います。でも、声に出してみると音の流れの善し悪しがわかりやすいと思います。読む人だって声には出さないけど、頭の中で聞いているというか、流れが悪いとやっぱりひっかかります。

歌詞と違って、後ろに音がないぶんだけ、余計に言葉そのものの音が際立ってくるような気がします。

なんて、坂の上の雲の話題から始まってJack's Roomの作品について思うところまで、見事に話が脱線しました。

脱線ついでに言うなら、みんなもっと、あなたが詩を書くことを公表しましょうよ、楽しいよ。ちなみに私は会社においても堂々と公言しますが、悲しいかな私の作品を読みたいと言う方は一人もおりませんが、読ませると普通に読んでくれます。でもそんなもんです。知られて困ることもなければ、知られていいことも普段は特にない。でも、堂々と書けるようになるだけ書く人本人は楽しくなると、思うのですけれどね。

それに、みんが自分の作品を友人知人に読んでほしいと思えば、Jack's Roomには口コミによるアクセス増が期待できたりします。現状はむしろ逆で、Jack's Roomは口コミから縁遠いサイトで、私はみんなの「人に言えない友達」だったりします。まあ、別にそれは今に始まったわけじゃないからいいけれども、ね。

隠さなきゃいけないようなものでもないですよ。

なんて、脱線しながらしゃべってみました。
何が言いたいのかよく分からない文章ですが、何もはっきりした言いたいことはなくって、ただしゃべりたいだけですからこんなものでしょう。

次回辺りはちゃんとした記事を書くようにしようっと。
では、Jackでした。

2006年4月
有楽町線車内にて

// Jack
posted by Jack at 00:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
 む、意外なところで秋山真之さんの名前が。

 久住が好きな「BLACK BLOOD BROTHERS」という小説の4巻に秋山さんが出てくるですよ。主人公の望月次郎の先輩として。


 というか……BBBで出てくるほうが「意外」か(笑)。
Posted by 久住 凛 at 2006年04月26日 07:23
私は月に1度、朗読会に参加してます。受け手がいると言う事はいい事です
ここに投稿させていただいているのも含めて結構書きためたので
自主出版も考えてますの。人生最大の計画です
Posted by 火翠 at 2006年04月26日 12:33
私は詩を書き始めた当初(4年くらい前)から、周りの人に「詩書いてるよ」って言ってます。
詩を書き上げた後は、必ず一回声に出して読んでみます。部屋のドアをきっちり閉めてから(笑)

これからも、いろんな目を持って、たくさん詩を書きたいです☆
ジャックスルームに来る人も、もっと増えるといいなぁ・・・☆
Posted by あぃ at 2006年04月26日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。