2006年04月24日

作者特集#03 ゴンタさん

こんばんは、Jackです。

さて、第三回目は、掲示板で名前の挙がったゴンタさんです。
作品リストは↓こちら
http://j-world.nu/system/poetinfo.cgi?POET_NO=0983

偶然にも、先日私の作品の方にも感想くれたんですねゴンタさん、ありがとう。
さて、それでは作品の方読み進めていってみましょう・・・

weak point? good point?
http://j-world.nu/servlet/do/viewer?id=6717&poet=983

まずはこれ。
あは、これ、これだけ同じパターン続けて、声に出して読んでみたらとっても楽しいよね。

>・・・ごめんね〜あなたが大好きで
うん、とってもかわいい。
私的にはここのところもっと強調してもいいのになーって思うけど、そうはせずに最後のところでサラリと終える。リズム良くここまで進んで来ただけに最後もさらりと軽く読み終えさせる、すんなりと最後まで読み終えてしまって、にやりとさせる。そんな作品ですね。


易しく、優しく
http://j-world.nu/servlet/do/viewer?id=7275&poet=983

おお、これはなかなか素敵じゃないですか。
本文中では全て「やさしい」と平仮名表記される。
これを素直に読むならば、読み手の中では「やさしい」には「易しい」の字があてられることになるでしょう。
ところが、そこでこのタイトルです、「易しく、優しく」。
これによって、「易しい」の字による文字通りの意味だけじゃなく、「優しい」というもう一つの意味を想起させる。もちろん、単純に字を置き換えて読んでみただけでは解らないけれども、はっきり解らないでも、こんな風に、感じさせる。それだけでいいと思うし、素敵なやり方だと思う。
私はこういう「仕掛け」的なものが大好きだったりします。


過食
http://j-world.nu/servlet/do/viewer?id=7422&poet=983

これも、いいなぁ、読んでて重さがなくて、さらりと読める感じ、実はゴンタさんの作品はこういうのばっかりじゃなくってもっとしっかり読ませる感じの作品だってあるんですけど、今回は私の好みで選んでいったらこういうあっさり目の作品3つになってしまいました。まあ、他の作品は、この記事を読んでくれているみんなが自身の目と心で見つけ出してくれたらいいかなと思います。

というわけで、みんなからの推薦でゴンタさん特集組ませて頂きましたが、非常に面白かったです。わりとまだこのサイトに来たばかり(半年ちょい?)の方のようですし、これからも期待できそうな素敵な作者さんだと思います。

というわけで、ゴンタさんありがとうございました。今後ともよろしくね♪
posted by Jack at 00:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事
この記事へのコメント
初めまして、ゴンタです。
jack's roomを見たら、作者特集にあたしの名前があったので、びっくりしました。
まさか、あたしが、特集組んで頂けるとは思ってもいなかったので、本当に驚きました。
今回紹介させて頂いた3作品、そのほかゴンタの詩について、jackさん視点の、解説というか、コメント、ありがとうございます。興味深く読ませていただきました。
Jackさんの感覚、感想は、深いなぁと、感動しました。
自分の作品に対して、意見をいただけるなんて、夢みたいです。
ありがとうございました。
これからも、jack's room楽しみにしています。
今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by ゴンタ at 2006年04月25日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。