2015年04月30日

Jack's Room終了のとき

ずっと考えていたことではあるんです。いつかJack's Roomも終わる日が来ると。

しかし、今見てみれば既にもうサイトは寂れていてこのままだと誰もこの場所を振り返る日が亡くなるまで存続してしまい。誰からも忘れ去られたまま、いつの間にかなくなる。そんな未来が見えます。

それもひとつの形ではあるんです。だけど、あまりに寂し過ぎないかと。

せめて、僅かな人数でも、惜しみ見届けてくれる人達がいるうちに、Jack's Roomを終わりにさせてあげたいんです。具体的なアイディアはまだありません。Jack's Roomがなくなったあと、何が残るのか、あるいは何を残すのか。今の時代に合った形の投稿サイトを作ることに興味はありますが、時間はなかなかそこまで取れないのでJack's Roomの次の形というわけではなく、先にJack's Roomを終了して、そこから考えて行きたいつものです。

もちろん、何もしないかもしれません。今の時代Kindle Direct Publishingなどを使えば、個人が自分の詩集を販売できてしまう時代です。そのような時代に個人サイトとしてどのような形を提供できるのかどうかは、今の私にはわかりません。

しかし、今のJack's Roomはすでに時代遅れの投稿サイトであり。寂れてきている現実があります。
ですから、ここの歴史にはいちど、打つべきピリオドを打っておきたいと考えています。

なにをどうしていいか、まだわかりませんが、これからゆっくり考えて行こうと思います。


posted by Jack at 03:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。