2011年10月11日

ちょっとだけ忙しい

ちょっとだけ仕事が忙しい。
毎日終電とか(電車乗らないけど)そういう殺人的な忙しさじゃなくて、毎日ちょこっとちょこっと帰りが遅くなる。仕事以外の予定を全部犠牲にするほどじゃないけど、予定を立てるのに注意が要るという。そんなレベルの忙しさである。

仕事以外の予定をうまくやりくりしないといけないので、これだけでも普段に比べれば疲れる。

平日が忙しいと週末は休養だけで終わってしまったりする(まだちょっと身体の調子がよくないこともある)。

気が付いたら何もしていない。Jack's Roomについてあれこれとメンテナンスしてみたりとか、mixiの友人もこのブログに繋がることだし、もう少し記事書こうとか、色々考えていたのに結局はほったらかしになった。

まあ、上で挙げた内容はどれも生活上優先度が高いことではないので、何も慌ててやらなきゃいけないことってないんだけど、しかし諸々のんびりとしすぎている気がする。

のんびりしてる自分に対して自己嫌悪に陥ると面倒なことになりそうなので、せめてブログ記事くらい書いてみよう。中身のない文章だけどとりあえず生存報告にはなる。

そこで昼休みに自宅のPCに向かっているわけだが、昼休みももう残り少ないなぁ。

週末は休養なんていっても、この三連休は見事に昨日の夜に寝付きが悪く、今とっても眠い状態だったりする(眠いだけなので深刻なことはない)。せめて週初めくらいしゃきっと調子良く迎えたかったものだ。

Jack's Roomには久しぶりに詩を載せてみた。もう長いこと書いてないから感覚を失ってしまっているけど、これはまた近いうちに書いてみようと思う。

などと、昼休みの苦し紛れの更新でした。
posted by Jack at 12:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2011年10月04日

On the road

On the roadと言えばジャック・ケルアックの話かと思った人ごめんなさい。まったく関係のない私の個人的な路上での話です。ついでに言うと私の名前も詩人のJackのくせにジャック・ケルアックとはまったく関係がありません。

さて、10月にもなるとすさすがに涼しくなってきた。

9月の始めあたりはまだ真夏を引きずっている感じで暑いが、9月のうちにだんだんと夏が抜けていって、10月にはすっかり涼しげな風が吹く。

そんなわけで、すっかり涼しくなった日曜日の夜に自転車に乗ってお台場方面を走ってきました。

信号待ちしてたらなんかテレビカメラが寄ってくるんです。フジテレビの人のようです。そういえばお台場にはフジテレビあるもんなぁ。

なんかの番組でちょっと話が聞きたいとのこと、路肩に自転車を寄せて話を聞いてみると、寒くないですか?と、つまりなんというか、最近涼しくなったからそろそろみんな衣替えしてるんじゃないかという、そういう話をしたかったらしい。

・・・でも、私はその時ロードバイクでお台場を必死こいて走ってる最中だったんで、半袖半ズボンだったんですよね・・・だから目立ったようだ。

目立ったようだ・け・ど!

その瞬間は寒いわけがない時間である。延々と有酸素運動繰り返してる最中なんだから・・・

正直答えに困った、「いや、今運動してるから・・・」とだけ答えた、次に「先週くらいから急に寒くならなかったか?」と聞いていたが、私は特にそんな気がしなかった、どちらかというと9月半ばから順当に涼しくなっていったように感じる。

正直に答えたらありがとうございましたと言って帰って行った。困惑した表情と面白味のない返答だから番組に使われることは多分ない。

いったいどんな答えを期待していたんだろう。
posted by Jack at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

2011年10月02日

近ければいいというものではない

ここのところ仕事が忙しくってせっかく再開したブログもほとんど書けていない。

月島に住み始めてもう5年目になる。
通勤時間がほぼなくなったので自由時間は昔に比べれば増えたのだが、近ければいいというものではない、ということもここ数年切に感じている。

簡単に言えば仕事が忙しくない時は退社してすぐに自分の時間がもてるので余裕を持つことができるが、仕事が忙しい時には引き際を見失ってしまいがちなのだ。
終電の縛りがないぶんだけ何時まででも会社にいられる。三年ほど前は毎日夜中まで会社にいたものだが、それで身体がもつはずもなく、あっという間に身体を壊したので最近は無理はしないようにしている。

しているけど、忙しい時はやはりプレッシャーがかかる。週末休んでいても会社が目の前にあると本当は今日も出社すべきなんじゃないのか?と悩んでしまうこともある(本当に忙しいときは出社しますが)。
せめて電車に乗る距離だとこのへんのプレッシャーはだいぶ軽い。

それから、電車で通勤している時間というのが自分にとってちょうどいい切り替えの時間だったことにも気付いた。

通勤電車の中では寝ているか本を読んでいるかだが、これがけっこう気分転換になっていた。深夜まで仕事して憂鬱な気分で終電に乗っても乗換駅で目を覚ました時には少しは気が楽になっていた。これがなくなった。
本来ならば遅くまで仕事してもすぐ帰って寝られてありがたいはずなのだが、気分が切り替わらないと少なくとも通勤電車の時間分くらいは寝付けない。

仕事と生活以外の趣味についても同じような感じで、時間さえあればできるというものでもないようだ。気持ちの切り替えがきちんとつかないと一日のうちにいくつものことに着手するのは難しい。

そうこいうしているうちに、今度は会社が近いという事実そのものが「近いのになんで・・・」という意識としてのしかかってくる。もうこうなっては不健康極まりない状態である。引越しを勧める人もいるのだが、遠くに引越すというのもなかなか踏ん切りがつかないもので、気が付けば身体を壊した後も長いことこの街で暮らしている。

もちろん、あまり無理をしないように、気持ちの切り替え方をうまく覚えていけば多分なんとかなるのだと思うし、仕事があまり忙しくない時期は通勤時間がないメリットを最大限享受できるので、会社の近くに住むというのがまったくの間違いということはない。いい点はたくさんあるけど、悪い点もけっこうあるよという、そんな話である。

会社の仲間に話を聞いてみると、ひと駅かふた駅くらいは電車に乗る距離の方がいい、という意見が多かった。みんなはどう思う?
posted by Jack at 05:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談/過去記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。