2008年05月16日

いつか書きたい作品

前回、「書かない人間が詩の書き方を語るのはどうか?」と自分で言ってみたので、最近は少しずつ机(といってもPCが置いてあるのですが)に向かって作品を作ってみようとしているのですが、まだちょっと書けていません。元々多作な方ではないので、書くといっても時間がかかります。投稿までする作品というのは数ヶ月に一本程度しか書けない場合もあるので、そこはまあ慌てずに行こうと思います。

何か書きたいものが見つかったら書けるかも知れないですしね。

書きたいものといえば・・・

私にはいくつか「いつか書きたいけど、今は書けない」作品(というか作品の構想?)があるのですが皆さんはどうでしょう?

私の場合、思い出せるもので以下のふたつくらいあります。


家族のこと
転職したときのこと


家族のことは・・・大人になってきたら、自分のどんなところが両親に似ているのかなんとなくわかってきたので、親から受け継いだものを改めて認識しつつ親に語りかけるような、そういうものを書きたいと考えています。ここ一年くらい、何度か(ほんの数回ですけど)書いてはみるのですが未だ完成とはいえません。

転職は・・・いや、ただ転職したってことを書きたいわけじゃなくて、社会人にとって転職って大きな変化なので、転機に臨む、期待と不安の入り混じった複雑なあの気持ちを、高層ビルの並ぶオフィス街を舞台に描いてみたいなと考えていて、二年前からたまに思い出すと書いてみるのですが、これもまだまだです。

皆さんにはこういう、いつか書きたい作品ってあるでしょうか?

私はきっと、みんなにもこういうのってあるんじゃないかなあと思うんです。

私が未だに書けずにいる理由は、私自身、これらの作品の構想がとても気に入っているので、中途半端な作品にはしたくない、まだ今の自分の力では描ききれないのではないかという思いがあって、いつも少し書いては手を止めてしまいます。

それに、長い時間かけて暖めてきた構想がつまらない作品になっては面白くないので、時間が過ぎれば過ぎるほど私の中のハードルは上がっていってしまう。

こんな風に、本当に思い入れの強い思いはちょっと書くのが難しくなる。

そんな時にどうするか?

私は、そのまま、いつか書ける日が来るまで待てばいいと思います。
それまで腕を磨いて、心を澄まして、待てばいいと思います。

そうして、いつかそれを書き上げられた時が、我々が書き手としてひとつ成長したときなんじゃないかなって思います。慌てずに、いつか、だけど、きっと。

よかったら皆さんの中の「いつか書きたい作品」について聞かせてください。
posted by Jack at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 詩の書き方、読み方

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。