2008年05月23日

詩集紹介「寺山修司詩集」

寺山修司という人を、私はほとんど名前しか知らなかった。

演劇人であるということはなんとなく知っていた、なんかアングラ演劇とかそういう用語だけは知っていたが、それがなんなのかは知らなかった。いや、今も知らない。

しかし、詩も書く人だとは知らなかった。演劇はよくわからないが、詩なら少しは解るかもしれない、ということで早速詩集を買ってみた。

1935年生まれの人なので今生きていてもおかしくない世代だが、残念なことに1983年に47歳で亡くなっている。その間にもけっこう多くの詩集を残しているようで、今回紹介するハルキ文庫の「寺山修司詩集」にもいくつもの詩集から集められた沢山の詩と、それから短歌や俳句まで収められています。


ああ父知らず故郷知らず
殉死の母の顔知らず

われは恋知る歳となり
恥知る名知る誇り知る

祖国いづこと問はば問へ
我も母の子恋ぐるひ
(「愛国心がないことを悩んでいたら」最後の部分を引用)


強い言葉が七五調のきれいなリズムで迫ってくる。詩人としても強い力を持った人のようです。特に「恥知る名知る誇り知る」ってたたみかけるところが好きです。


ことばで
一羽の鴎を
撃ち落すことができるか

(「けむり」冒頭の部分を引用)


言葉にかける強い思いが伝わってきます。言葉にどれだけのことができるか?それを追い求める姿勢、まさにこれこそ詩人の姿だと思う。

そして、この詩集の最後は寺山修司の遺稿となった「懐かしの我が家」で終わる。


子供の頃、ぼくは
汽車の口真似が上手かった
ぼくは
世界の涯てが
自分自身の中にしかないことを
知っていたのだ

(「懐かしの我が家」最後の部分を引用)


この言葉で彼の詩人としての生涯が終わっている。調べてみると既にこの頃何度も入院しているようなので、自分の死を意識していたみたいで、そんな人間が最後に紡ぎ出したその言葉は、穏やかでどこか潔く、力強い言葉になっていて、まさに自分の人生を締めくくろうとしているように思える。

私達は最後にこんな言葉を残せるだろうか?

いや、ここまで立派でなくてもいいけど、自らを締めくくる言葉を作り上げることができるだろうか。私はこの作品と向き合ってそういう気分にさせられた。

素晴らしい詩人であり、良い詩集だと思う。文庫本だから値段も手頃なので、ぜひ読んでみるといいと思います。



posted by Jack at 21:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | 詩集/書籍紹介

2008年05月16日

いつか書きたい作品

前回、「書かない人間が詩の書き方を語るのはどうか?」と自分で言ってみたので、最近は少しずつ机(といってもPCが置いてあるのですが)に向かって作品を作ってみようとしているのですが、まだちょっと書けていません。元々多作な方ではないので、書くといっても時間がかかります。投稿までする作品というのは数ヶ月に一本程度しか書けない場合もあるので、そこはまあ慌てずに行こうと思います。

何か書きたいものが見つかったら書けるかも知れないですしね。

書きたいものといえば・・・

私にはいくつか「いつか書きたいけど、今は書けない」作品(というか作品の構想?)があるのですが皆さんはどうでしょう?

私の場合、思い出せるもので以下のふたつくらいあります。


家族のこと
転職したときのこと


家族のことは・・・大人になってきたら、自分のどんなところが両親に似ているのかなんとなくわかってきたので、親から受け継いだものを改めて認識しつつ親に語りかけるような、そういうものを書きたいと考えています。ここ一年くらい、何度か(ほんの数回ですけど)書いてはみるのですが未だ完成とはいえません。

転職は・・・いや、ただ転職したってことを書きたいわけじゃなくて、社会人にとって転職って大きな変化なので、転機に臨む、期待と不安の入り混じった複雑なあの気持ちを、高層ビルの並ぶオフィス街を舞台に描いてみたいなと考えていて、二年前からたまに思い出すと書いてみるのですが、これもまだまだです。

皆さんにはこういう、いつか書きたい作品ってあるでしょうか?

私はきっと、みんなにもこういうのってあるんじゃないかなあと思うんです。

私が未だに書けずにいる理由は、私自身、これらの作品の構想がとても気に入っているので、中途半端な作品にはしたくない、まだ今の自分の力では描ききれないのではないかという思いがあって、いつも少し書いては手を止めてしまいます。

それに、長い時間かけて暖めてきた構想がつまらない作品になっては面白くないので、時間が過ぎれば過ぎるほど私の中のハードルは上がっていってしまう。

こんな風に、本当に思い入れの強い思いはちょっと書くのが難しくなる。

そんな時にどうするか?

私は、そのまま、いつか書ける日が来るまで待てばいいと思います。
それまで腕を磨いて、心を澄まして、待てばいいと思います。

そうして、いつかそれを書き上げられた時が、我々が書き手としてひとつ成長したときなんじゃないかなって思います。慌てずに、いつか、だけど、きっと。

よかったら皆さんの中の「いつか書きたい作品」について聞かせてください。
posted by Jack at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 詩の書き方、読み方

2008年05月09日

詩集紹介「武者小路実篤詩集」

今回は武者小路実篤の詩集です。
同じタイトルで複数の出版社から出ていますが、私の手元には角川文庫のものしかないのでそちらを紹介します。

なんでこれ読んだんだったかな、確かどこかネット上でオススメしてる人がいたので読んでみたのですが、なかなかわかり易くて良い詩集です。

武者小路実篤という人はちょっと変わった人で、理想的な社会の実現を目指して「新しき村」という村を興しています(ただし本人はずっとその村に住んでいたわけではないらしい)。
当初は宮崎県にあったようですが、その後さらに埼玉県は毛呂山町にもうひとつ建設されているようで、その両方とも現存するとのことです。さらに調布市には武者小路実篤記念館というのがあるようなので、お近くの人は行ってみてもいいかもしれません。

理想的な社会を目指す・・・というのはわからなくもないですが、そのために村一つ興してしまうという熱い意志を持った人物武者小路実篤、作品にもその熱さがはっきりと表れています。

この道より
我を生かす道なし
この道を歩く。

(この道より)


実にストレートです。短いので熱い意志だけが強く残って響きます。

そうかと思えば、恋愛ものだって書きます。

我は汝を愛す、
汝は我を愛す。
汝は彼を愛せず、
彼は汝を愛せず。
しかも汝は彼と夫婦とならざるべからざるか。

(恋の悲劇)


まあ、時代が時代だったのだろうなという気もする内容ですが、淡々とした関係の列挙が最後の一文で悲痛な嘆きに変わる。少ない行で実に深く強烈に愛をうたいあげているというか、強いメッセージになっています。

引用の都合で短い作品ばかり紹介していますが、数ページにわたるような長い作品も多く書かれています。「恋人の夢を見て」という作品は4ページにもわたって、恋人に他の男と結婚しないよう訴えかけ、懇願しています。4ページにもわたって書けるのはやはりこの人の熱い性格の成せる技でしょう。こんな風に思われたら女性も幸せなんじゃないかなあと思います。

仮名遣いは昔のもの(最近は歴史的仮名遣いと言うらしい)で書かれてはいますが、内容のほうはあまり小難しいことは言わない、わかりやすい詩人なので、読みやすくするすると読んでいけると思います。

・・・と、紹介を書いてから気付いたのですが、私の持っている角川文庫のものは現在中古でしか手に入らないようです。内容は違う(それでも同じ作品が載っていたりするとは思う)ものではありますが、併せて新潮文庫から出ている詩集の方もリンクしておきます。

posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集/書籍紹介

2008年05月02日

私の気分転換法

自転車さて、毎週交互に書籍紹介と詩の書き方(書き方になってないけど)を書いていますが、よく考えたら私は最近詩を書いてないことに気が付きました。

書いてもいないのに書き方について語るのもどうなんだろうって思います。

最近は他にやることがあって積極的に書こうとしていないのも確かですが、あまり自分にとって書ける時期という気がしないので、無理に書かずにいます。

気分転換というにはちょっと長いですが、書きたいと思うまでのんびりと過ごしています。

それでもまるっきり詩を忘れているわけでもないです。先日写真載せましたが、浜離宮に菜の花を見に行ったのも菜の花が咲く光景を書いてみたいと思ってのことだったりしますし、先週は同じ目的で今度は牡丹なんかも見に行ったりしてます。

それから、最近の気分転換としては、自転車に乗ってます。
一年位前に知人からマウンテンバイクをもらったので、休日に数十キロくらいの距離を走ったりしています。実はちょうど来週、ちょっとした大会(http://www.100mile.jp/)に出て走ってきます。競争ではないのでのんびりですが、楽しみにしてます。

身体使うのはいい気分転換になるし、走ってる間は一人なのでちょっと考え事なんかもしたりします。遠くまで出かけると普段出会わない風景と出会えるので、書く題材も見つかったりします(自転車ネタは前に一度書いてます)。

というわけで、今日は私の気分転換についての話でしたが、これ以上書き方/読み方の話を続けるとなると、いい加減私も書かないといけないですね・・・詩集もここしばらく読めてないですし、ちょっと連休中に何か考えようと思います。
posted by Jack at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩の書き方、読み方

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。