2008年04月25日

楽しく短歌入門「かんたん短歌の作り方」

今回はちょっと今までと違う雰囲気のものを紹介してしみましょう。

筑摩書房 枡野浩一著「かんたん短歌の作り方(マスノ短歌教を信じますの?)」

なんか妙なサブタイトルがついてますが、これは元々は少女マンガ誌でやっていた短歌の投稿コーナーをまとめた単行本のようです。

短歌の本ですが、短歌も詩の一形式と言えるし、この本の短歌は短歌といっても難しい言葉(古い言い回しとか)を使わずに現代の言葉で書かれている短歌(著者はこれを「かんたん短歌」と呼んでいる)なので、Jack's Roomで詩を書くにあたって得られることもけっこうあります。

投稿コーナーの運営者(つまりこの本の著者)の枡野浩一は歌人なので、投稿者に対して歌人の目から様々にアドバイスをくれています。それも、あまり気難しさのない気楽な投稿コーナーのようなので、難しいアドバイスじゃなくて基本的なアドバイスが多いです。
短歌に対するアドバイスなので短歌に特化したもののありますが、ウソをついてでも面白く、とか、自分が普段使う言葉でも表現は難しいのに無理に古い言葉を使うなとか汎用的に役に立つものもあるし、Jack's Roomで詩を書くのに七五調を使ってもよいのだし(ゆえに短歌の音に対するアドバイスも役立てられる)、それなりに参考にできるはずです。

そして何より、掲載されている投稿作品がヘンな力の入っていない読みやすいものなので、Jack's Roomで書く人達にとってはけっこう親近感の沸く作品なんじゃないかなと思います。とっつきやすさという点ではとてもよい創作の入門書となり得るでしょう。

そして、投稿コーナーだけにコーナー運営者の苦労もあるようで、最初は一人何点でも投稿okだったのが途中から誌面に応募券を印刷し、それをハガキに貼り付けた上でハガキ一枚につき三首までという制限が設定されたりとか、私がJack's Roomで経験したことと同じような悩みが運営者にもあったりして、そんな部分にも私はちょっと共感できたりします(笑)

ただ、後半主催者の個人的な話が沢山出てくるのは・・・これはちょっと、雑誌で読んでる人じゃないとピンと来ないんじゃないかなぁと思います。いちおう全部読みましたが「短歌の作り方」とは遠い部分も多いです。あと、この人の文体はちょっと好みが別れるかもしれない。

ところで、この本の元になったのは少女マンガ誌「キューティ・コミック」なのだそうですが、実際にこの投稿コーナー読んでいた人っていませんか?いたらリアルタイムで読んでいてどう感じたか、ちょっと聞いてみたいです。

というわけで、知ってる人がいたらコメントください。

posted by Jack at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集/書籍紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。